想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:デラン
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

ムスカ有機肥料を用いたお茶の生産実証実験開始2020年9月11日

一覧へ

(株)ムスカは、地球環境に配慮した「循環型農業」を進めるため、茶葉を製造・販売する(株)TeaRoomと業務提携し、ムスカ有機肥料の生産実証実験と収穫された茶葉による「MUSCA TEA」を先行販売する。

ムスカ有機肥料を用いたお茶の生産実証実験開始

ムスカはイエバエの力を活用した効率の高いバイオマスリサイクルシステムにより、1週間で有機廃棄物を肥料と飼料に転換するシステムを開発。次の時代の畜産と農業へつなげる「食の生産の循環」をめざしている。
TeaRoomとの業務提携は、地球環境に配慮した「循環型農業」を模索する取り組みとして、昨年秋からスタート。実証実験では、今年5月に初めての収穫作業が行われ、両社のコラボによる新商品「MUSCA TEA」として、クラウドファンディングでの先行販売となった。

ムスカ有機肥料を用いたお茶の生産実証実験開始2

ムスカ有機肥料を活用した生産実証実験

生産実証実験でムスカは、TeaRoomと関連会社の農地所有適格法人(株)THE CRAFT FARM(静岡県静岡市)と共同で、地作りおよび減農薬栽培にこだわって開発された豚糞由来のムスカ有機肥料を、農業資材に用いて行った。

今回販売する「MUSCA TEA」は、ムスカのイエバエ技術により作られた有機肥料を用いて、環境に優しい有機栽培への転換に向けた、生産実証実験による最初の収穫となった茶葉。静岡県中部の安倍川上中流域、南アルプスの伏流水と山間に深く立ち込める山霧によって育まれた柔らかで上質な茶の葉を、畑の管理から製造法までこだわり、香り・甘み・渋みのバランスを極めた上質なお茶に仕上げている。


【「MUSCA TEA」クラウドファンディング】

(関連リンク)

熊本県菊池市でムスカ有機肥料の利用効果を実証試験

最新の記事

シンジェンタライブラリー:SP

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る