Z-GIS左PC
第42回農協人文化賞
左カラム:全中動静160_86
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:アクサーFL
JA全中中央①PC
全農ビジネスサポート:センター上:SP

恒例の「大利根研究農場オープンデー2020」開催 トキタ種苗2020年10月15日

一覧へ

トキタ種苗は毎年恒例の「大利根研究農場オープンデー2020」を11月19、20日の両日、埼玉県加須市のトキタ種苗大利根研究農場で開催する。

恒例の「大利根研究農場オープンデー2020」開催 トキタ種苗「大利根研究農場オープンデー2020」
(クリックで拡大)

今回のテーマは「野菜直売応援」。直売所出荷に向くおいしい品種を中心に、主要品種、新品種の生育特性を特設ほ場で自由に見ることができる。

「特別展示」の大型直売コーナーでは、過去最大の売り場面積で種子・青果・資材を直売。また、直売所サポート展示では、直売所の青果販売をサポートするツールや品種を特集し紹介する。

さらに、栽培展示では、茎まで甘いスティックカリフラワー「カリフローレ」や、水菜のような形をした茎葉を加熱調理して食べる「カタローニャ」、日本生まれ、イタリア育ちのイチゴ形のミニトマト「トマトベリーオペラ」、軟白無しでも美味しいエンダイブ「スカローラ」、ケールなのにサラダで美味しく低温期栽培に好適な品種「カリーノケールCG」など同社ならではのイタリア野菜や、関東農政局長賞・夏越し率の高い一本ネギ「大河の轟き」など多数の品種を展示。定番から最新資材まで実際に手にとって確認できる。

なお、今年は新型コロナウィルス対策を整えて開催するため、例年好評の試食提供や講演会は取りやめ、日時ごとに入場人数の制限をもうけている。両日とも9時~15時。

最新の記事

ダイヤ工業株式会社:右上:SP

JA人事

DiSC:SP

農協時論

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA全農・部長インタビュー:2021年度事業計画

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る