Z-GIS左PC
第42回農協人文化賞
左カラム:全中動静160_86
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:アクサーFL
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

「農機具高く売れるドットコム」法人窓口を開設2020年10月16日

一覧へ

(株)マーケットエンタープライズは10月15日、「農機具高く売れるドットコム」の法人窓口を開設した。グループの連携強化で農機具ビジネスを加速し、法人が保有する水害農機も買取りが可能になる。

「農機具高く売れるドットコム」法人窓口を開設

同社は、2017年2月に「農機具高く売れるドットコム」で中古農機具の買取を開始。今年4月には、中古農機のプラットフォームを運営する(株)UMMと、中古農機の貿易商社(株)MEトレーディングの2つのグループ会社を設立し、持続可能な社会形成に向けた戦略商材である中古農機具の取り扱いを行っている。UMMでは、農機具関連の登録事業者数累計700を突破し、METでは累計80カ国を超える国への輸出を行っている。

その一方で、農機具販売店では、顧客である農家の農機具買い替えにあたり下取りした農機具が、まだ利用できる商品であるにも関わらず、地域需要が乏しい等の理由により、中古農機具市場への流通に至らないケースが少なくない。さらに、世界的に評価が高い日本の農機具は、国外においては相当程度の中古品として需要が旺盛でありながらも、輸出ノウハウを持たない場合は、その需要に応えることができず、廃棄を余儀なくされるケースも少なくない。

そこで、これらの課題を解消するため、「農機具高く売れるドットコム」法人窓口を開設し、法人からの買取を本格的に開始。グループ間の連携を強化し、国内外を問わず、必要としている方の元へ、中古農機を届ける。

加えて、8月からマーケットエンタープライズグループで実施している「豪雨災害で故障の農機を修理し、海外で蘇らせるプロジェクト」に対し、法人からも多くの問い合わせがあり、この「農機具高く売れるドットコム」法人窓口開設により、農業に関わる全ての方を対象に水害で故障した農機を買い取ることが可能となった。

最新の記事

シンジェンタアファーム:SP

JA人事

DiSC:SP

農協時論

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA全農・部長インタビュー:2021年度事業計画

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る