Z-GIS左PC
JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:ゴーゴーサン
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

ボッシュのスマート農業事業を買収 バイエル2020年10月20日

一覧へ

バイエル クロップサイエンスは10月19日、ボッシュが展開する環境モニタリングとAIによる病害予測機能で構成されるハウス栽培作物向けスマート農業サービス「Plantect(プランテクト)」事業を取得することで合意したと発表した。事業取得は関係当局の承認等を前提に2020年内の完結を見込む。

「Plantect」はハウス栽培の収穫量向上を目的に、2017年8月からボッシュが販売している日本発のサービスで、これまで日本国内で累計6000台以上のセンサー等デバイスの受注実績がある。温度湿度センサー、CO2センサー、日射センサーで収集されたデータをタブレットやスマートフォン、パソコン等でいつでも確認できるため、ハウス内環境の最適化に活用できる。また、独自開発のアルゴリズムで計測したデータから、病害発生に関する要素を解析し感染リスクを通知する。

日本農業の持続可能な発展に向けた革新的な製品とソリューションを提供するバイエル クロップサイエンスは、今回の事業取得を機に日本の農業生産者の課題解決に貢献していくと話している。

最新の記事

シンジェンタライブラリー210908:SP

JA人事

ヤンマーSP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る