想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドPS:大豆剤
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

農研機構職員が産業標準化事業表彰を受賞2020年10月22日

一覧へ

農研機構の角川修氏(果樹茶業研究部門茶業研究監)と元林浩太氏(本部知的財産部国際標準化推進室長 )が経済産業省の令和2年度産業標準化事業表彰をそれぞれ受賞。10月1日に東京・都市センターホテルで表彰式が開かれた。

「産業標準化事業表彰(経済産業大臣表彰)」受賞の角川氏「産業標準化事業表彰(経済産業大臣表彰)」受賞の角川氏

産業標準化事業表彰は国際標準化機構(ISO)や国際電気標準会議(IEC)の国際標準策定や国内規格(JIS)策定など、標準化活動に優れた功績の個人や組織を表彰するもの。

「産業標準化事業表彰(経済産業大臣表彰)」を受賞した角川氏は、日本産の高級緑茶である玉露や抹茶が、ISO規格の「緑茶」の基準値から外れないよう防衛することに貢献。日本の緑茶生産業界が国際標準化活動に積極的に参加するよう関係者の調整に尽力するとともに、ISO/TC34(食品専門委員会)/SC8(茶分科会総会)の2015年日本開催を成功に導いた。これらの活動を通じ、主たる輸出品である「抹茶」規格策定コンビーナに就任。近年の緑茶輸出の増大に寄与するところが大きいと評価された。

「産業標準化貢献者表彰(産業技術環境局長表彰)」受賞の元林氏

「産業標準化貢献者表彰(産業技術環境局長表彰)」受賞の元林氏


元林氏は「産業標準化貢献者表彰(産業技術環境局長表彰)」を受賞。同氏はISO TC23(農業機械)/SC19(農業エレクトロニクス)のエキスパートなどを10年にわたり務め、ISO 11783(トラクタと装着作業機の通信規格:通称ISOBUS)を中心に、農業機械の制御通信に関する国際規格19件の制定、改正に貢献。さらにISOBUS認証事業の国際活動にも積極的に参加し、国内産業界への普及・啓発活動、技術開発及び指導に取り組んだ。この功績がICTを活用したスマート農業を社会実装する上で不可欠な基盤として寄与したことが評価され、今回の受賞に至った。

最新の記事

シンジェンタライブラリー:SP

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る