想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドPS:バスタ液剤210125
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

春の家庭菜園に 発芽・育苗マットカバー「まもるくん」新発売 タキイ種苗2020年11月24日

一覧へ

タキイ種苗は12月1日、低温期の育苗で利用される発芽・育苗マット専用のカバー「まもるくん」を、春の家庭菜園に向け発売する。

春の家庭菜園に 発芽・育苗マットカバー「まもるくん」新発売 タキイ種苗

今年はコロナ禍の影響もあり、同社の調査「2020年度 野菜と家庭菜園に関する調査」によると、家庭菜園を「外出自粛期間以降に始めた」人は29.6%。また、今後も継続したいと考える人は96.2%に上り、来年春も引き続き家庭菜園に注目が集まると考えられる。

発芽・育苗マットカバー「まもるくん」発芽・育苗マットカバー「まもるくん」

春の家庭菜園苗を育てる時期は、低温期でもあるため育苗時に発芽・育苗用の加温電気マットなどを利用する。このマットは、汚れ防止や温度維持のためビニール等で包んで使うが、シングルベットほどの大きさでビニールで包む作業は重労働で、時間もかかるという難点があった。

「発芽・保温マットカバー まもるくん」は、高密度ポリエチレンフィルムを袋タイプに仕上げたありそうでなかった袋タイプで、マットへ簡単に装脱着ができる。約5センチ間隔にチェック柄をプリントしているため、苗を並べる時の目印や、成長した苗のスペーシングにも活用可能。汚れても、洗い流すだけで楽に手入れできる。

「発芽・育苗マットカバーまもるくん」は厚さ0.05mm、サイズは95×200cm。希望小売価格は1320円/枚。※発芽・育苗マットは、別売り。

最新の記事

シンジェンタライブラリー:SP

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

topへ戻る