想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:ゴーゴーサン
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

2050年のカーボンニュートラル実現へ環境経営を強化 デンカ2020年11月26日

一覧へ

デンカは、2050年のカーボンニュートラル実現をめざし環境経営を強化。11月25日開催の「エコプロOnline2020」で、カーボンニュートラルを柱とする同社グループの環境経営の取り組みを、独自の環境製品・技術とともに紹介している。SDGsを羅針盤に、持続可能な社会の確立に向けて環境保全と保護に関する様々な取り組みを進めていく。

2016年のパリ協定発効後、世界では今世紀後半までに温室効果ガスの排出量を実質ゼロまで削減すための対応が本格化している。同社は、多くのエネルギーを消費する化学メーカーとして、2050年度までに温室効果ガスの実質排出量85%削減(2013年度比)をめざし、水力発電所の増設や、国内主力工場への高効率ガスタービン発電機の導入等を推進。自社の排出量削減に努めるとともに、社会全体の環境負荷低減に貢献する製品・サービスの提供・開発を進めてきた。

こうした中、10月に日本政府が2050年のカーボンニュートラルを宣言。これまでの「低炭素」から「脱炭素・カーボンニュートラル」へ大きく舵が切られたことを機に、同社は世界が直面する課題に対し社会的責務を果たすため、2050年のカーボンニュートラル実現をめざすことを決めた。

製品のトータルライフサイクルまで視野に入れ、以下4つの取り組みを加速。さらに、気候関連財務情報開示タスクフォース(TCFD)提言に基づき、カーボンニュートラル実現に向けた進捗状況について様々な観点から積極的に情報開示を進める。

1.水力を中心とした再生可能エネルギー比率の拡大
2.CO2の回収・固定化・有効利用を図る革新技術:CCUSの開発と実装展開
3.当社の特色を活かした環境貢献製品や環境負荷低減技術の開発・提供
4.プラスチックを資源として循環利用するケミカルリサイクル技術の実装展開

最新の記事

国際衛生SP:パナミエール

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る