想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドPS:バスタ液剤210125
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

農業専用チャットツール「ファームチャット」正式リリース2020年12月2日

一覧へ

(株)ファーム・アライアンス・マネジメントは、総合的な農業情報ポータルアプリ「FarmChat(ファームチャット)」をリリースする。これまで、農林水産省のスマート農業加速化実証プロジェクト「ICT技術やAI技術等を活用した『日本一園芸産地プロジェクト(施設園芸:なす・すいか)』」の実証」(代表機関:熊本市農水局)でベータ版を提供し実証事業を通じてアプリの改良を重ねてきたが、このほど正式版のリリースとなった。

農業専用チャットツール「ファームチャット」正式リリース

FarmChatは農業者と農業に関わる事業者専用のアプリ。一般的なチャット機能やお知らせ機能に加え、業務改善のための調査機能のほか、「百姓」タブという農業に特化した様々なデジタル情報を集約したインターフェースを搭載している。具体的には、全国約1400か所の気象データから、自分の地域を選択し、いつでも手軽に地域の気象情報を整理して確認でき、主要市場の中から好きな市場を登録してリアルタイムの市況と値動きが確認できる。また、JA向け営農管理システムFarmBox(ファームボックス)と連携しており、部会の管理業務からチャットを活用した現場業務の効率化まで広範囲の活用が見込める。

現在は、複数のJAの現場で活用が始まっている。利用料金は、個人登録は無料、グループ登録は有料。2021年3月末まではグループ登録利用も無料で公開している。

今後は、外部データや事業者との連携、ChatBotとの連携なども視野に入れてアップデートしていく。


FarmChat画面FarmChat画面

最新の記事

国際衛生SP:パナミエール

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

topへ戻る