想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCSP2
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

「アビガン錠」原料供給のプロジェクトムービーを公開 デンカ2021年1月20日

一覧へ

デンカは、新型コロナウイルス感染症治療薬として期待される抗ウイルス剤「アビガン錠」の原料であるマロン酸ジエチル供給のプロジェクトムービー(約8分)をホームページ上に公開した。

動画(記事下部リンク)は、社員が一丸となって、政府の要請から約6週間で3年間停止していた設備を再稼働し供給に至るまでのストーリーとなっている。

マロン酸ジエチルの国内唯一のメーカーである同社は、「アビガン錠」の備蓄量拡大に必要な原料の迅速な供給を実施。新型コロナウイルス感染症の流行に際し、医療物資の増産に取り組み国民生活の安定に大きく貢献した企業として、昨年末に経済産業大臣から感謝状を授与された。

同社は、新型コロナウイルス対策を社会的責務と捉え、マロン酸ジエチルの供給に加えて新型コロナウイルス抗原迅速診断キットを開発し昨年8月の発売以降、全国の医療機関に供給し検査体制の拡充に貢献している。今後も様々な角度から研究開発を進め、医療現場のニーズに応えるため予防・検査体制の拡充を通じて人々のQOL向上に貢献し、「真に社会に必要とされる企業」を目指していく。

【マロン酸ジエチル生産再開への軌跡】

最新の記事

シンジェンタミラビスフロアブル:SP

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

topへ戻る