想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
ヘッダー・SP・BASF:コテツフロアブル
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

サポートジャケットを価格改定 ロボデックスに出品 ユーピーアール2021年1月21日

一覧へ

アシストスーツを開発・展開するユーピーアール(株)は1月20日から22日の3日間、東京ビッグサイト青海展示棟で開かれる、「第5回ロボデックス ロボット開発・活用展」に出展する。

サポートジャケットを価格改定 ロボデックスに出品 ユーピーアール

同社は、現場作業員の腰の負担を軽減するため、2010年からアシストスーツを開発。自社開発製品から他社製品の代理販売含め、これまでに1万5000着以上を販売している。

サポートジャケット Ep+ROBOサポートジャケット Ep+ROBO

近年、モーターなどの動力を使わない無動力型のアシストスーツが普及してきたが、同社は現場からの「もう少しサポート力のある製品が欲しい」という声に応え、動力型のアシストスーツの開発に着手。2年かけて開発した「サポートジャケット Ep+ROBO」は、高価で重たい従来のアシストスーツの課題を削減し、動力型アシストスーツで最軽量クラスを実現した。

同展示会では、同社がこれまでオープン価格で販売していた「サポートジャケット Ep+ROBO」の販売価格をメーカー希望小売価格59万8000円(税別)に改定。また、「サポートジャケット Ep+ROBO」のほか、販売契約を結ぶ(株)ATOUNが開発した「ATOUN MODEL Y + kote」と「HIMICO」を出品する。当日は、アシストスーツの試着や説明のほか、企業への導入相談やオンライン体験会の申し込みを受け付ける。

最新の記事

シンジェンタミラビスフロアブル:SP

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

topへ戻る