想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCSP2
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

内閣府推奨の男女共同参画社会へ 性別問わない人材採用を加速 唐沢農機サービス2021年1月26日

一覧へ

唐沢農機サービスは、内閣府が推奨する男女共同参画社会の形成をめざし、性別を問わない人材採用を加速。1月から、男女共同参画シンボルマークを使用を始めた。求人媒体やウェブサイトを通じて社内外にその姿勢を示し、農機具整備士など全職種で男女を問わない採用活動を推進する。

農機具販売・修理・再生、インターネット事業、農機流通支援プラットフォーム・農産物ECサイト・情報提供メディア運営と多岐にわたって事業を手がける同社は、特に主幹事業の農機販売・修理・整備職で、これまで男性が主体となって事業を運営してきた。しかし、昨今の働き方改革やダイバーシティ構想などの動向をふまえ、性別や年齢を問わず、全スタッフに同等の雇用形態を提供していることを広く周知する必要があると考え、その活動の一環として、内閣府が推奨する男女共同参画シンボルマークを使う。幅広い人材を募集する採用活動を社内外にPRし、従来は男性の職業として認知されていた農機具整備士など、全ての職種で、男女を問わない活躍の場を提供していく。

最新の記事

シンジェンタミラビスフロアブル:SP

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

topへ戻る