想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
ヘッダー・SP・BASF:コテツフロアブル
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

地域金融機関共催のビジネスコンテストで協賛企業賞を受賞 AGRIST2021年1月27日

一覧へ

AIを活用した自動収穫ロボットを開発するAGRIST(宮崎県児湯郡)は、地域金融機関が共同で開催するデジタルテクノロジーを活用したサービス、アイデアのビジネスコンテスト「X-Tech Innovation 2020(クロステック イノベーション 2020)」の九州地区最終選考会で協賛企業賞を受賞した。

タルテクノロジーとして収穫用ロボット「L」について紹介する秦氏タルテクノロジーとして収穫用ロボット「L」について紹介する秦氏

同コンテストは、ふくおかフィナンシャルグループ、北海道銀行、岩手銀行、七十七銀行、沖縄銀行が共同で開催。九州地区最終選考は2020年12月1日に福岡県福岡市のFFGホールで開催され、12社によるサービス・事業構想のピッチで同社からは、取締役兼最高技術責任者の秦裕貴氏が登壇。「ポストコロナ時代の"New Normal"」を実現するデジタルテクノロジーとして収穫用ロボット「L」を紹介した。

審査員による審査の結果、X-tech Innovationのテーマでもある「各業界・業種を横断するデジタルテクノロジー活用」において、AGRISTがロボットの開発を農家々と密接に連携しながら推進していることが高く評価され、1次、2次選考を通過。12社のなかでEY新日本有限責任監査法人から協賛企業賞を獲得した。

AGRISTは収穫ロボットによって営農のボトルネックである収穫作業を効率化し、儲かる持続可能な農業を実現。新規就農者の後押しとともに、収穫作業がボトルネックで規模拡大できない既存農家もサポートする。収穫ロボットは、設置してボタンを押すだけのシンプルな操作で、実ったピーマンの約20%を収穫。コロナ時代のニューノーマルな農業として、人同士の接触機会を減らせる上、体調不良など収穫人員の急な欠勤による影響を緩和し、パートタイム労働者の心理的負担の軽減にもつながる。

受賞にあたり秦氏は「収穫は農家にとって喜びの瞬間でもある。AGRISTがめざしているのは労働力を完全に代替することではなく、テクノロジーを駆使して農業に従時される方々のウェルビーイングに貢献すること。これからも農家と密接に連携し、農業とテクノロジーの掛け合わせによる持続可能な農業を実現していく」と話している。

農場を移動する自動収穫ロボット「L」。非接触型でコロナ対策にも農場を移動する自動収穫ロボット「L」。非接触型でコロナ対策にも

最新の記事

シンジェンタミラビスフロアブル:SP

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

topへ戻る