Z-GIS左PC
第42回農協人文化賞
左カラム:全中動静160_86
想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
SP:右上長方形 アリスタライフサイエンス(株)トクチオン乳剤
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

プランター菜園 人気のミニトマト栽培のコツを紹介 タキイ種苗2021年4月8日

一覧へ

タキイ種苗は、春の家庭菜園シーズンに向けて、ベランダーなど限られたスペースでもできる“プランター菜園”を提案している。今回は初めてプランター菜園を始める人のために、初心者でも作りやすく、家庭菜園でも人気のミニトマト栽培のポイントを紹介。

プランター菜園 人気のミニトマト栽培のコツを紹介 タキイ種苗

■用意する物
ミニトマト栽培にあたりまず用意する物は、「ミニトマトの苗」「プランター」「培養土」「鉢底石」「支柱」「誘引ひも」の5つ。

<ミニトマトの苗>
ミニトマトの栽培は種をまいてから苗まで育てるのに60~70日程度かかるため、初心者は「ミニトマトの苗」から始めるのがおすすめだ。苗は、葉の色が濃くがっちりしているものを選ぶのがよく、「接ぎ木苗」として販売されているものは少し高価ですが、病害にも強く失敗しにくい。

<プランター>
最近は種類も増えたプランター。軽くて安価なプラスティック製のものや素焼きの容器、麻袋を使用することもある。自宅の雰囲気に合わせインテリアにあったものを選ぶのも楽しい。プランターで栽培する場合は、「プランターのサイズ」に注意が必要で、ミニトマト(1株)の生育に適しているサイズは直径30×深さ30センチ程度のプランター。これより小さいサイズはうまく苗が生育できず、失敗の原因になる。

<培養土>
肝心な土は、野菜栽培用に調整された「培養土」が最適。基本的な肥料分(チッソ、リン酸、カリ)が混ぜ込まれた「野菜専用の培養土」を選ぶとよい。

<鉢底石>
プランターには、排水性を良くするため「鉢底石」を入れるのが重要だが、排水性が優れた鉢や土を使う場合は、鉢底石は特に必要ない。

<支柱>
伸びてきた作物が倒れないように支える棒の「支柱」も必要。トマトは株の高さが1.5メートル程度になるため、長さが2メートル以上のものを1本用意する。さらに、支柱と作物を固定する「誘引ひも」も必要。どのようなひもでも構わないが、おすすめは「麻ひも」だという。その他栽培には「移植ゴテ(シャベル)」「ハサミ」「肥料」などを用意しておくとよい。

■栽培方法
(1)苗を植え付ける(4~5月)
プランターの底が見えなくなる程度に鉢底石を敷き、一度プランターの半分程度まで培養土をいれる。水をたっぷり注ぎ培養土に水分をしっかり吸収させたのち、残りの培養土をプランターの上から5センチぐらいまで入れ、また水を注ぎしっかり吸収させる。その後、スコップで植穴を作り、苗をポットから取り出す。苗を浅めに植え込み、周りの土を寄せるようにして植え付けたら、最後に土の表面を軽く押さえ、落ち着かせる。遅霜の心配がある場合は、不織布などで霜除け対策を。

(2)支柱を立てて誘引
支柱を苗の株元に垂直に立てる。その後、誘引ひもで8の字に縛る。茎が成長し、太くなることを想定して、少しゆとりを持たせるとよい。その際、実を付ける妨げにならないよう、花を咲かせる枝の下は避けること。

(3)"わき芽"をとる
わき芽とは茎と葉の付け根から出てくる芽のこと。わき芽をとらないとそのわき芽が茂りすぎ、管理が大変になったり、実や樹の成長に必要な栄養が不足するため、こまめにとるようにする。わき芽は、晴れた日にとるのが好ましい。

(4)追肥を与える
培養土にはもともと肥料が入っているが、水やりをしていると培養土の肥料分も徐々に流れ出てしまう。「化成肥料」を使う場合は2週間に1回10グラム、「液肥」を使う場合は1週間に1回500倍に希釈したものを与える。使う肥料によっては必要な量や手順が異なるため、使用方法を守って使用する。栽培の様子を見ながら調整も必要。

(5)収穫
ミニトマトは、開花後40日程度で赤く着色。真っ赤に完熟した実から収穫する。家庭菜園ならではの新鮮で甘いミニトマトが味わえる。

■オススメ品種

タキイ種苗は、家庭菜園でおすすめのトマトの品種として甘くて作りやすい「千果」(ミニトマト)、きれいなオレンジ色が特長の「オレンジ千果」(ミニトマト)、食味を追求した「フルティカ」(中玉トマト) を推奨している。

最新の記事

ナガセサンバイオSP 2021

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

topへ戻る