Z-GIS左PC
JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCSP2
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

世界の農機具市場 2027年まで3.9%のCAGRで成長と予測2021年4月23日

一覧へ

市場調査レポートプロバイダーのREPORTOCEANは4月14日、世界の農機具市場に関する最新レポートを発行。同市場は2020年から2027年の期間で3.9%以上の成長率で成長すると予想している。

世界の農機具市場 2027年まで3.9%のCAGRで成長と予測

同レポートによると、世界の農機具市場は2019年に約1033億米ドルと評価され、2020年から2027年の予測期間にわたって3.9%以上の成長率で成長すると予想。

市場概況

農機具は、植え付け、播種、土地開発、栽培、収穫、脱穀など、農業のいくつかの段階で使われる機器。手こてから肥料、肥料散布機、ハロー、シーダー、プラウ、ハイエンドの人工トラクターなどのツールが含まれ、自動および半自動装置を使用することで農場の人件費が削減される。

農業ローンの免除や農場の機械化などへの政府の支援は、予測期間中の市場の成長に関与するいくつかの要因となる。農業の成長のための政府のイニシアチブのさらなる高まりと農業部門の進歩の増加は、予測期間中の市場の成長に責任がある推進要因となる。

2018年にインド政府は、国立農業農村開発銀行(NABARD)と共同で作成したマイクロ灌漑基金を開始。また、60歳に達すると、特定の除外条項に従い、適格な小規模農家と限界農家に最低3000ルピー(42.92米ドル)の固定年金を支給することを目標としている。また、米国農務省(USDA)は、銀行、農業信用制度機関やその他の貸し手から商業信用を取得できない家族規模の農家や牧場主に、直接保証された農場所有権と運営ローンを提供していることから、農業成長のための政府のイニシアチブは、市場に有利な需要を生み出すと予想。ただし、レンタル市場の成長と新興経済国の機器の高コストは、予測期間中に世界の農機具市場の成長を抑制する主な要因となる。

世界の農機具市場の地域分析は、アジア太平洋地域、北アメリカ、ヨーロッパ、ラテンアメリカ、その他の世界などの主要地域について検討。アジア太平洋は、新技術の急速な採用、強力なトラクターの需要の高まりと園芸産業の成長、および政府による金銭的インセンティブにより、市場シェアの点で世界をリードする重要な地域といえる。

◎レポートに含まれる主要な市場プレーヤー

John Deere
CNHインダストリアルN.V.
マヒンドラ&マヒンドラリミテッド
AGCO Corporation
クボタ株式会社
CLAAS KGAA
井関農機株式会社
JCB
自衛隊グループ
ヤンマー株式会社

最新の記事

シンジェンタSP210720-

JA人事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る