Z-GIS左PC
JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:ナリアWDG
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

園芸の疑問を画像でスマート解決「ガーデンドクターAI」公開 住友化学園芸2021年4月26日

一覧へ

住友化学園芸は、同社ホームページ「病害虫ナビ」内に新コンテンツ「ガーデンドクターAI」を公開。植物がうまく育たない原因をAIが診断し、おすすめの園芸薬剤まで導いてくれる。

害虫や病気の特徴や対処方法や選ぶべき商品が一目でわかる害虫や病気の特徴や対処方法や選ぶべき商品が一目でわかる

「ガーデンドクターAI(アイ)」は、「植物の様子がおかしいが原因が虫なのか病気なのかわからない」「どの薬剤が有効なのか、対処方法もわからない」など、ガーデニング作業で困った時に頼りになるサービス。スマートフォンやタブレット、デジタルカメラで撮影した植物の被害や害虫写真をアップロードすると、AIが自動で判定・診断し、症状の説明や有効薬剤までナビゲートする。診断対象の植物は4月時点で34種類で、今後対象植物を追加しアップデート。ガーデンドクターAIのアドレスからアクセスすれば無料で利用できる。

園芸の疑問を画像でスマート解決「ガーデンドクターAI」公開 住友化学園芸「ガーデンドクターAI」

◎診断対象の植物

バラ、キク、ジニア、トマト、ミニトマト、ナス、キュウリ、かぼちゃ、すいか、メロン、イチゴ、トウモロコシ、アスパラガス、シソ、キャベツ、はくさい、ブロッコリー、茎ブロッコリー、カリフラワー、だいこん、かぶ、なばな、ネギ、たまねぎ、にんにく、わけぎ、あさつき、ツツジ、ツバキ、サルスベリ、サンゴジュ、アジサイ、カナメモチ、ヒイラギモクセイ

【ガーデンドクターAI】

最新の記事

シンジェンタSP210720-

JA人事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る