Z-GIS左PC
JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:ナリアWDG
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

メンテナンス頻度減へ 農業機械用高耐泥水性シール付玉軸受を開発 ジェイテクト2021年4月28日

一覧へ

(株)ジェイテクトは、自動車のハブユニットに使われていた高密封軸受のシールを、泥水などの過酷な環境で使用される農業機械に応用し、耐水性を大幅に向上した。世界の道で鍛えられた同社の軸受技術で、農業機械の安定操業とメンテナンス頻度の低減に貢献する。

製品使用箇所イメージ製品使用箇所イメージ

泥水中の過酷な環境で使われるトラクターや畑を耕しながら種をまくプランターは、これまでは短いライフサイクルでの取り換えやオーバーホールがあたりまえだが、保証期間の延長によるメンテナンスコストの増加や産業廃棄物などが問題となっている。同社は、壊れにくい軸受を提供することで、農業機械メーカーのニーズに応えようと、自動車を車輪から支えるハブユニットに使われるシールを応用し、高泥水性シール付玉軸受を開発した。

従来の農機アタッチメント用密封型軸受は2つのラジアル方向リップで耐泥性を向上させていたが、新たな製品は、ラジアル方向のリップに加え、アキシアル方向のリップを追加することで、形状の最適化と低トルク化、そして高密封性を両立した。

最新の記事

シンジェンタSP210720-

JA人事

DiSC:SP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る