Z-GIS左PC
第42回農協人文化賞
左カラム:全中動静160_86
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCSP2
JA三井リース中央(1)PC
全農ビジネスサポート:センター上:SP

アグリテックビジネスコンテスト「DEEP VALLEY Agritech Award 2021」応募受付開始2021年5月11日

一覧へ

「マイナビ農業」は5月10日、埼玉県深谷市が主催する農業の課題解決につながるビジネスコンテスト「DEEP VALLEY Agritech Award 2021」の応募受付を特設ページで開始した。

アグリテックビジネスコンテスト「DEEP VALLEY Agritech Award 2021」応募受付開始

今年で3回目を迎える同コンテストは、農業に関わる多様な企業がつながりあい、アグリテック企業が集積しているまちを意味する「アグリテック集積都市 DEEP VALLEY」を実現するため、深谷市と日本全国が抱える農業課題解決に貢献する企業・技術を表彰する。

過去に同コンテストで最優秀賞を受賞した企業は、深谷市内での実証実験を始動し、国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構「スマート農業実証プロジェクト」の採択につながった企業もある。今年のテーマは「アグリテックの現場導入と未来創造」。すぐに手を伸ばせる技術から、近い将来に実用可能な技術まで幅広く募集する。

エントリー企業に向けて深谷市の小島進市長は「このチャレンジが確かな成果に結びついた暁には"深谷モデル"として全国に発信していきたい。ぜひ多くの方に参加いただき、夢の実現に向け知恵と力を結集したいと思います」と参加を呼び掛けている。

■募集・応募概要
【募集期間】
5月10日12:00~2021年6月6日23:59(プレエントリー)
6月7日12:00~7月9日23:59(本エントリー)

【応募対象部門】
■現場導入部門
同アワード終了後1年以内を目処に、深谷市での実証事業が開始できる解決策を提案する。解決策は、既存の製品・サービスのみの提案ではなく、深谷市の農業現場の課題解決に重点をおいた提案を求める。

■未来創造部門
本アワード終了後2~5年を目処に、深谷市での実証事業の開始を目指す解決策を提案する。解決策は、アイデア段階・基礎研究段階のご提案も可とし、深谷市から日本全体の農業の未来を創造することに重点をおいた提案を求める。

【審査方法】
一次審査は書類審査、二次審査、最終審査はオンラインでの実施を予定。

【応募資格】
受賞後に、深谷市の農家が抱える農業課題の解決や改善に向けた取組みを実施できる個人・法人(応募者の所在地については深谷市内外を問わない)。

【各賞】
・出資賞金総額 最大1000万円
※出資金額は、出資可否を含めた受賞者との協議の上決定。
※出資金は各部門で最優秀賞を受賞した2者を含め総額1000万円を上限とするが、深谷市からの1者あたりの出資金額は対象者の資本金額の4分の1未満を上限とする。

・最優秀賞(現場導入部門)1件
・最優秀賞(未来創造部門)1件
・協賛企業賞

【応募方法】
サイト内、応募フォームからエントリー

【ディープバレーアグリテックアワード応募サイト】

最新の記事

ダイヤ工業株式会社:右上:SP

JA人事

クミアイ化学右カラムSP

農協時論

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA全農・部長インタビュー:2021年度事業計画

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る