Z-GIS左PC
JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCSP2
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

稲作を省力化・低コスト化する田植機「YR-DAシリーズ」発売 ヤンマー2021年5月20日

一覧へ

ヤンマーアグリは7月1日、密苗やICT技術を搭載した田植機「YR-DAシリーズ」の2機種を発売。稲作の省力化と低コスト化と安定した移植作業を実現する。

密苗移植作業 イメージ密苗移植作業 イメージ

「YR6DA/8DA」は、育苗箱数を減らし省力化・低コスト化を実現する密苗技術を搭載。通常、乾籾100~150グラムで播種するところを、乾籾250~300グラムで播種することで大幅な省力化、低コスト化と労力を軽減する。また、育苗箱や培土などの資材費を削減でき、播種や苗運びにかかる時間の短縮や人件費の削減、重労働による身体的負担を軽減する。

さらに、従来の田植機と比較して最大掻き取り量を20%アップ。10アール当たりの使用苗枚数の適応範囲が拡がり、受託作業などで種類の異なる苗を植える際や使用苗枚数の違いにも柔軟に対応する。

新たに搭載した苗量アシストは、作業前に10アールあたりに使用する苗枚数を事前に設定すれば、移植時の縦取量を自動制御し、設定通りの苗枚数で移植作業ができる機能。加えて、リアルタイムで車速を検知しスリップ時の施肥量を自動調整する施肥量アシスト機能(FD仕様)と組み合わせることで、事前に用意する苗や肥料、運搬時間のムダを減らし、省力化、低コスト化を実現する。

「YR6DA/8DA」のD仕様では、簡単な操作で誰でもまっすぐ正確な植付けを実現。D-GNSS方式の直進専用の自動操舵システムを採用しており、3つのボタンを操作するだけで自動直進し、事前に基準線のA点・B点を登録することで、基準線に平行に、まっすぐ正確に植付ける。また、直進作業後の旋回時に必要な一連の作業を自動化するすこやかターン機能と連動させることで、旋回後のAUTOボタンを押す所作が不要になり、オペレーターはハンドル操作に集中できる。

田植機「YR6DA/YR8DA 6/8条植え」は、メーカー希望小売価格278万3000円~555万5000円(税込)。

田植機 「YR8DA」田植機 「YR8DA」

最新の記事

シンジェンタSP210720-

JA人事

DiSC:SP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る