Z-GIS左PC
JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:ナリアWDG
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

多彩な作物を高能率・高品質に収穫 普通型コンバイン「YH1150A」発売 ヤンマー2021年5月24日

一覧へ

ヤンマーアグリは8月1日、多彩な作物を高能率、高品質に収穫する普通型コンバイン「YH1150A」を発売する。

普通型コンバイン「YH1150A」普通型コンバイン「YH1150A」

農林水産省は、2025年食料自給率45%の達成に向けて、飼料用米、麦、大豆などの生産を振興しており、今後はそれらの作物の作付面積拡大が予想。また、子実用とうもろこしも新たに助成の対象となり、今後も安定した需要が続くことが予想されることから、同社は、これらの作物を高精度・高能率に収穫できる普通型コンバイン「YH1150A」を発売する。

「普通型コンバイン YH1150A 115馬力」は、作業環境やほ場規模等に合わせ、2.1、2.6、3.2メートルの3種類のリールヘッダーから選択可能。3.2メートルのスーパーワイドヘッダーなら高能率作業が可能で、北海道の条間33センチで10条の稲でも刈り残し無く作業できる。また、豊富なアタッチメントや作物別専用ヘッダーをオプションで用意しており、幅広い作物や作業体系に合わせて高能率・高精度な収穫作業ができる。

揺動構造の見直しにより、作物ロスの低減しており、3つのファンで発生させた選別風を従来より均一に揺動選抜板に供給することで、収穫した作物や塵が脱こく部に貯まるのを防ぐ。作物ロスを気にして作業速度を落とすことなく、快適に作業できる。

さらに、フィーダハウス上のメンテナンス作業時における落下事故を防止するため、滑り落ち防止用ステップガードと歩行板を標準装備。収納式ラダーや胴ベルト型安全帯と合わせて、高所作業時の安全性を確保している。

「リールヘッダーによる稲収穫作業(左)とコーンヘッダー装着による子実用とうもろこし収穫作業「リールヘッダーによる稲収穫作業(左)とコーンヘッダー装着による子実用とうもろこし収穫作業

最新の記事

シンジェンタSP210720-

JA人事

ヤンマーSP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る