Z-GIS左PC
JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCSP2
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

野菜投入ロボット用のビジョン&ピッキングシステムを開発 アールティ2021年5月26日

一覧へ

株式会社アールティ(東京都千代田区)は、食品工場で使われる業務用フードスライサーなどへ野菜を投する入ロボットを自動化するビジョン&ピッキングシステム「NEKONOTE Vegepicker」を開発。6月1日に愛知スカイエキスポで開幕するFOOMA JAPAN 2021で、同システムを実装したロボットを展示する。

NEKONOTE Vegepickerの実装例 (Kinova社 KINOVA Gen3使用)NEKONOTE Vegepickerの実装例 (Kinova社 KINOVA Gen3使用)

NEKONOTE Vegepicker(ネコノテ ベジピッカー)は、食品工場で人手による単純作業になりがちな業務用フードスライサー等への野菜投入作業をロボットで自動化するためのソフトウェアシステム。同システムを実装したロボットは番重やコンテナにばら積みにした野菜の中からAIでひとつひとつを認識し、位置を自動検出してピッキングできる。

交換可能なエンドエフェクタ交換可能なエンドエフェクタ

使用するアームロボットは、組み合わせるフードスライサーなどの大きさに応じて複数メーカーの中から選定可能で、主に協働型のロボットに対応。野菜の認識はロボットのアームや架台に設置したカメラで行い、カメラの位置や種類、数も目的用途に応じてカスタマイズできる。ピッキングする野菜は1台に複数登録でき、野菜の大きさ、固さの違いにはエンドエフェクタ(ハンド)部分のパーツを付け替えることで対応。ユーザーが簡単に交換できる形状とした。

従来のシステム開発では、ロボットを指定して進められるが、同システムは、特定の条件を満たしていればどのロボットに対しても自由にシステムの入れ替えができるため、工場の環境や組み合わせる機器のニーズに合わせてカスタマイズした製品を完全受注生産よりも早く安価に提供できる。FOOMA JAPAN 2021のブースでは、NEKONOTE Vegepickerを実装したロボットを展示。ピッキング動作のデモンストレーション展示を随時行う予定。

最新の記事

シンジェンタSP210720-

JA人事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る