Z-GIS左PC
JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:ナリアWDG
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

アグリテックの市場規模 2027年に411億7250万米ドル到達予測2021年5月26日

一覧へ

株式会社グローバルインフォメーションは5月24日、市場調査レポート「アグリテック (Agritech) の世界市場:将来予測 (2027年まで)、新型コロナウイルス感染症 (COVID-19) の影響、種類別・用途別・地域別の分析」(The Insight Partners)を発売した。

アグリテックの市場規模は2019年の74億4270万米ドルから年平均成長率(CAGR)12.1%で成長し、2027年には411億7250万米ドルに達すると予測。市場は、北米、欧州、APAC(アジア太平洋地域)、MEA(中東・アフリカ)、SAM(南米)に分類される。2019年は北米地域が市場を支配。AgWorld、AgBiome、Hortau、AeroFarms、Harvest Automation、Farmers Business Networkなどの企業が、アグリテック関連の技術、システム、ソフトウェアを提供する事業を展開しており、同地域の市場成長を後押ししている。また、米国には数多くの商業用農場や新興企業が存在し、農業技術の普及に役立っている。

新型コロナウイルスのアグリテック市場への影響

新型コロナウイルスは、世界中の農業ビジネスやサプライヤーに影響を与え、多くの地域で新鮮な野菜や果物が不足。アグリテック市場の世界的な成長を妨げている。

高度な農業技術への投資

社会のデジタル化により農家同士のつながりが強まる中、IoTやクラウドなど最先端技術の活用は、農家に先進的な農業エコシステムの導入を促している。アグリテックが提供する機能は、農業バイオテクノロジー、アグリビジネス・マーケットプレイス、バイオエネルギー・バイオマテリアル、農場管理ソフトウェア、センシング・IoT、農場ロボット、機械化・設備、中流技術、新規農業システムなど。また、農業バイオテクノロジー、新しい農業・農場管理システム、センシング・IoT製品など投資対象として魅力的な農業技術となっており、関連新興企業の急増も、各方面からの投資を集める要因となっている。

最新の記事

シンジェンタSP210720-

JA人事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る