Z-GIS左PC
JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
石原ヘッド:SP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

「マッスルスーツ」累計出荷台数が2万台を突破 イノフィス2021年5月27日

一覧へ

株式会社イノフィス(東京都新宿区)が開発・販売するマッスルスーツのシリーズ累計出荷台数が、4月末時点で国内外合わせて2万台を突破。同社調べで、人工筋肉をアクチュエーターとした外骨格型アシストスーツでは、世界一の出荷台数となる。

マッスルスーツEveryマッスルスーツEvery

「マッスルスーツ」は、電力を使わず、空気圧で稼働する人工筋肉のはたらきで動作を補助する、装着型アシストスーツ。人を抱え上げる、重い物を持ち上げる、中腰姿勢を保つなど作業時に腰の負担を低減する効果を発揮し、労働環境改善や人手不足対策に貢献している。2014年から「腰補助用マッスルスーツ」の販売を始め、2019年11月には、より軽量化と量産化を実現し既存モデルの1/3以下となる14万9600円(税込)の「マッスルスーツ Every(エブリィ)」を発売した。

「マッスルスーツEvery 」は、ニーズの高かった介護需要だけでなく、農業領域でニーズに合わせた販促活動を展開。コロナ禍でも堅調に出荷台数を増やし、2万台突破の原動力となった。2020年から本格始動した海外展開でも、アジアとEU諸国への販売網を重点的に開拓している。

最新の記事

シンジェンタSP210720-

JA人事

ヤンマーSP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る