Z-GIS左PC
JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:ナリアWDG
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

「空調風神服×KANSAI UNIFORM」2021年モデル発売 大川被服2021年6月4日

一覧へ

総合作業服メーカーの大川被服株式会社(岡山県倉敷市児島)は、「デザインのチカラで、世界を元氣にしたい」をコンセプトに活動する寛斎スーパースタジオが企画・デザインに協力した空調服「空調風神服×KANSAI UNIFORM」2021年モデルの新商品「K1100、K1200」を発売する。

K1100「KANSAIユニフォーム×空調風神服」長袖ブルゾンK1100「KANSAIユニフォーム×空調風神服」長袖ブルゾン

近年人気の空調服は2004年前後から開発が始まり、同社は2018年からファン付きウエア市場に参入。作業服としてのファン付きウエアは急激な成長期を経て成熟期に移行したいま、同社は作業服メーカーとして長年研究開発してきた強みである耐久性や機能性と、異分野の先端的なデザイン性やファッション性をハイブリッドに融合した商品として、2020年から寛斎スーパースタジオと開発を進めてきた。

2021年モデルの「K1100」と「K1200」は、オン・オフやTPOにとらわれずに着られるよう、デザイン、生地、服飾資材、縫製の全てにこだわって開発。バッテリーとファンは広島県福山市のサンエス製のリチウムイオンバッテリー(日本製)を使用している。

生地はクラレトレーディング製の耐久性が高く軽くてシワにならないものを採用。高密度に織り込まれているため、薄い生地でありながら風を漏らすことなく循環させ、さらっとした手触りでファンの稼働中はドライに保つ。ユニフォームメーカー発の商品として洗濯耐久性にも優れている。

大胆に使ったYKK製止水ファスナーが印象的な 長袖ブルゾン「K1100」は、参考価格1万6500円(税込)。また、大型フードとシルエットにこだわった多機能ポケットベスト「K1200」は同1万3200円(税込)。カラーリングはスマートでシックなネイビーと、ホワイトベースにグレーの2種類。

K1200「KANSAIユニフォーム×空調風神服」フード付きベストK1200「KANSAIユニフォーム×空調風神服」フード付きベスト

最新の記事

シンジェンタSP210720-

JA人事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る