Z-GIS左PC
第42回農協人文化賞
左カラム:全中動静160_86
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCSP2
JA三井リース中央(1)PC
全農ビジネスサポート:センター上:SP

基本性能が高い新トラクタ「TM7」シリーズが発売 井関農機2021年6月10日

一覧へ

井関農機は、基本性能の高いトラクタのTMシリーズにデザイン、機能を一新し、装備を充実した新モデル「TM177(17PS)」と「TM197(19PS)」を6月に発売した。

TM7シリーズの「TM197KXA3V」TM7シリーズの「TM197KXA3V」

農地の拡大と集約化が進み、トラクタの全体の需要が減少する中、50馬力帯を中心に高馬力トラクタの需要割合が増える一方、20馬力未満は依然として全体の15%を超える需要がある。2013年に発売した基本性能の高さで評価の高い「TM5」シリーズとともに展開する「TM7」シリーズは、安心機能を搭載し、外装を一新した。

新デザインは、フロントグリルのデザインを一新。外装カラーは高級感あるオーシャンブルーを採用し内装はブラックのカラーリングとした。3気筒1123ccエンジンで粘り強く余裕をもって作業できる。

機能としては、前進後進の切替が手元で行え、シンクロメッシュ機構によりスムーズな切替が可能。また、ロータリが着地時ゆっくりと降りるため、すき込み始めのショックが少なく、スムーズな作業が可能なデセラ機構を装備した。標準装備のコントロールレバーは、作業機の高さを任意の高さに調整しやすく、作業機の上げ高さを規制できるストッパも装備している。

また、パワステとオートロータリは標準装備。耕うんの深さは耕深コントロールレバーで簡単に調整できる。さらに、X型では旋回時に前輪が増速し、小回りが出来る「スーパーフルターン」や、耕うん作業の精度向上する自動水平制御、ハンドル手元のレバーで作業機の上昇下降の操作がワンタッチで行えフィンガップレバーやワンタッチ作業切替ダイヤルが装備されている。

安心・安全性能としては、片ブレーキ誤操作警告装置、点検が容易なオープンボンネットや、追突事故防止に役立つ低速車マークの標準装備、LEDヘッドライトを装備した。販売目標台数は、年間600台。希望小売価格は、 141万3500円~197万4500円(税込)。

最新の記事

ナガセサンバイオSP 2021

JA人事

ヤンマーSP

農協時論

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA全農・部長インタビュー:2021年度事業計画

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る