Z-GIS左PC
第42回農協人文化賞
左カラム:全中動静160_86
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
SP:右上長方形 アリスタライフサイエンス(株)トクチオン乳剤
全農ビジネスサポート:センター上:PC
全農ビジネスサポート:センター上:SP

農機具メーカーの海外輸出支援を開始 唐沢農機サービス×商船三井2021年6月10日

一覧へ

唐沢農機サービスと商船三井が運営するKiliMOL株式会社(東京都港区)は、農機具メーカーの海外輸出の支援プロジェクトを開始。農機具メーカーは海外への販路拡大を外注でき、開発・製造にリソースの集中投下が可能となる。今後、協業ニーズのあるメーカーの公募を行う。

両社は3月にアフリカのケニアへ農機具を輸出し、日本製のトラクターやコンバインなどの農機具の現地デモンストレーションを行った。手作業の農業が機械化されるという現地の人々の期待に、地元メディアも注目し、現地ではその有効性と高いニーズが確認された。

途上国をはじめ世界の農業国では、大小問わず日本ブランドの高品質な農機具が求められている。メーカーにとって国際市場は大きな魅力であり、新規顧客を獲得する絶好の機会だが、実際には輸出の各種手続きや、為替リスクなど輸出特有の課題に直面し、参入障壁が高い市場となっている。

総合海運企業として様々な物資を世界各国へ届けてきた商船三井は、3月のアフリカケニアへの農機具輸出プロジェクトでも国内流通と変わらないほど手軽に為替リスクなく農機を搬送。両社が運営するKiliMOLが生み出す新しい流通により、メーカー各社は世界での市場開拓を視野に入れ自社製品の企画・開発に取り組むことができる。

最新の記事

愛知製鋼右上:SP

JA人事

クミアイ化学右カラムSP

農協時論

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA全農・部長インタビュー:2021年度事業計画

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る