Z-GIS左PC
第42回農協人文化賞
左カラム:全中動静160_86
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドPS:大豆剤
JA三井リース中央(1)PC
JA三井リース中央(1)SP

農業経営の収支改善へ 「ベジパレット」ベータ版を提供開始 ユニリタ2021年6月11日

一覧へ

ITを使ったソリューション開発に取り組む株式会社ユニリタは、農業経営者に経営効率への気づきを発信する農業経営支援クラウドサービス「ベジパレット」ベータ版の無償提供を実施。同社が依頼した農家に使ってもらい、そのフィードバックをもとに正式版の開発へつなげる。

「ベジパレット」の画面イメージ「ベジパレット」の画面イメージ

「ベジパレット」は、日々の農作業を記録するだけでなく、記録されたデータやIoTセンサーから収集した環境データを様々な角度、観点から可視化。農業経営者の経験による仮説を重視し、「ベジパレット」で収集したデータをもとに、「農業×IT」の取り組みで培ってきた同社のデータ分析のノウハウを加え、次の仮説作りと作業の見える化に役立つサービスをめざす。

「ベジパレット」は、ベータ版のフィードバックをもとに、環境データ、収量、相場、天気などさまざまなデータ項目を組み合わせて見える化し、仮説作りに役立つ情報にしていく。ほ場単位だけでなく地域単位、作付け単位、休耕したほ場単位など自在にグループ化し、圃場の収支改善に役立てられるようにする。また、同社が提供するコミュニケーションポータル「infoScoop Smart×Portal」の技術を活用し、人と人とのコラボレーションに必要な情報を漏れなく伝える仕組みを実現する。

【ベジパレット】

最新の記事

シンジェンタアファーム:SP

JA人事

クミアイ化学右カラムSP

農協時論

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA全農・部長インタビュー:2021年度事業計画

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る