Z-GIS左PC
JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:カスケード
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

新型コロナウイルスの変異部位検出用研究試薬を販売開始 デンカ2021年6月17日

一覧へ

デンカ株式会社(東京都中央区)は6月16日、東邦大学医学部と共同で検証実験を進めてきた新型コロナウイルスの変異遺伝子(部位)同時検出システムに使用する検出用研究試薬「IntelliPlexTM SARS-CoV-2 Variant Analysis Kit」の販売を測定機関向けに開始した。

検出用 研究試薬検出用 研究試薬

試薬は、同社が業務提携するPlexBio Co., Ltd. (台湾台北市)と共同で開発し、理化学品としてPlexBio社からすでに発売されている専用の反応用装置と検出用装置を組み合わせて用いられる。

高感度で同時多項目測定が可能なPlexBio社のπコード法技術を用いることで測定の手間を軽減し、新型コロナウイルス対策で検出の必要性が高まっているアルファ株、ベータ株、ガンマ株などの変異株にみられる計10種の変異部位を同時に検出することができる。この同時検出システムは、理論上100 種以上の変異部位まで対応する。

反応用装置反応用装置

検出用装置検出用装置

最新の記事

シンジェンタライブラリー210908:SP

JA人事

ヤンマーSP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る