Z-GIS左PC
JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:カスケード
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

科学博にロボットトラクターを展示 農作業の自動化技術を紹介 ヤンマーアグリ2021年7月15日

一覧へ

ヤンマーホールディングス(株)のグループ会社であるヤンマーアグリ(株)は、7月15日~28日まで東京スカイツリータウンで開催される「Society 5.0 科学博」で、無人での自動作業を実現した「ロボットトラクター」を展示している。

ヤンマーアグリが展示している自動運転トラクター「YT5113A」ヤンマーアグリが展示している自動運転トラクター「YT5113A」

このイベントには、約50の企業・大学・団体が参加。期間中は宇宙、海洋、モビリティ、医療、製造、農業、防災、エネルギーなどの分野で、計200点以上の最先端科学技術や最新の研究成果を発信している。

ヤンマーアグリでは、ICT技術を活用して農作業の省力・省人化、効率化を実現する自動運転トラクター「YT5113A」を展示。

このトラクターは、作業内容やオペレーターに応じて設定可能な「直進モード」と「オートモード」の2つの自動運転モードを備えており、タブレット操作と高精度な位置情報による作業性の向上などを可能としている。さらに、既存のトラクター「YTシリーズ」を改装することで、オートトラクターやロボットトラクター仕様にアップグレードすることができる。

同社では、農地の集約で経営の大規模化や就農者減少・高齢化による人手不足の課題を抱える農業分野で、ICTを活用した作業の効率化、栽培ノウハウの見える化に取り組んでいる。担当者は同イベントを通じて、「農業の未来に向けた自動化技術を来場者に紹介していきたい」と話した。

【開催概要】
○開催場所 東京スカイツリータウン
○開催日時 7月15日~28日(一部展示物は9月5日まで公開予定)
○入場料 無料 サブ展示の「東京スカイツリー天望回廊」への入場には別途チケット購入が必要
○言語  日本語、英語、中国語、スペイン語、フランス語、アラビア語に対応

最新の記事

シンジェンタライブラリー210908:SP

JA人事

DiSC:SP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る