Z-GIS左PC
JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCSP2
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

AI潅水施肥システム「ゼロアグリ」 DIY 給液パーツキット発売2021年8月2日

一覧へ

AI潅水施肥システム「ゼロアグリ」を開発・販売する株式会社ルートレック・ネットワークス(神奈川県川崎市)は、ゼロアグリ制御盤の仕様に準拠し、農業生産者が自身でゼロアグリの給液装置を組み立て導入できる、「ゼロアグリ仕様、DIY給液パーツキット」を発売した。

ゼロアグリ制御盤+給液装置 設置例ゼロアグリ制御盤+給液装置 設置例

ゼロアグリは、AIを活用した潅水施肥を自動化し、農業の生産性向上と環境負荷低減を実現するシステム。これまで約300台が全国の生産者に導入されているが、さらなる活用推進には、導入コストを抑えることが課題となっている。

これまで、同システムを生産者が導入する際は、ゼロアグリ制御盤と給液装置を一体化して導入、もしくはゼロアグリ制御盤のみを導入して、給液装置は市場で個別に調達して地域の施工店が組み立てて導入という2種類の方法だった。前者の場合は、既設の給液装置を活用できないため、コストの無駄になる課題があった。後者は、施工店が日常的に取り扱わない特殊な部材も含め、生産者または施工店が自ら設計し部材を調達する作業が発生するため、導入の手間やコストに課題があった。

新たに発売した「ゼロアグリ仕様、DIY給液パーツキット」は、点滴灌漑トップシェアのネタフィム社との協業により、ゼロアグリ導入にあたって必要な給液部材をセットで供給。生産者は地域の販売店を通し「ゼロアグリ仕様、DIY給液パーツキット」を購入できる。設計、部品選定、部品調達の必要がなく、生産者自身で組み立ても可能。コストを抑えたゼロアグリの導入が可能になる。

AI潅水施肥システム「ゼロアグリ」AI潅水施肥システム「ゼロアグリ」

最新の記事

シンジェンタライブラリー210908:SP

JA人事

ヤンマーSP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る