JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:ゴーゴーサン
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

傾斜地に強いパワフルな電動草刈り機「ユニモワーズ」発売 ユニック2021年9月28日

一覧へ

株式会社ユニック(東京都杉並区)は10月1日、自社開発の傾斜地に強いパワフルな電動草刈り機「ユニモワーズ」の販売を開始する。

傾斜地に強いパワフルな電動草刈り機傾斜地に強いパワフルな電動草刈り機

同社は、走破性と小回り性を両立するクローラーベルト駆動機構により走行障害の多い路面での移動を可能としたロボットを製造、販売している。

農業、施設管理上必須の作業である草刈り作業は、作業環境の悪さや身体への負担の大きさから、作業者の安全性と労働力確保が課題となっている。特に、中山間地域の多い日本は傾斜地の草刈りが多く、傾斜地で安全で楽に作業ができる草刈りロボットが望まれている。近年、傾斜地対応の遠隔操作によるエンジン駆動草刈り機が商品化されているが、同社はその排気ガス、騒音による環境性能をさらに改善し、草刈り性能の両立した草刈り機「ユニモワーズ」を開発した。

「ユニモワーズ」は、走行、草刈りともに電動駆動によりクリーンでストレスのない作業が可能。水平移動による草刈りで45度斜面での草刈りでき、60、70センチの草丈でも草刈り可能。前進、後進の両方向で草刈りし、斜面ではスイッチバックにより効率よく草を刈れる。また、50メートル以上離れた場所でのリモコンによる草刈りも可能。オプションの運搬トレイ使えば、収穫物や作業道具等の運搬もできる。オープン価格。

また、同製品は、10月13日に幕張メッセで開幕する「農業Week2021」に同草刈り機の駆動ベースとなるクローラー駆動ロボット「ユニボ」とともに出展する。

電動草刈り機「ユニモワーズ」電動草刈り機「ユニモワーズ」

最新の記事

シンジェンタライブラリー210908:SP

JA人事

DiSC:SP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る