JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:シグナム
ベリマークSC:FMC(PC)センター
プリロッソ粒剤オメガ:FMC(SP)センター

ソフトバンク「e-kakashi」に環境センシングソリューションが選定 TED2021年10月6日

一覧へ

東京エレクトロン デバイス(TED)は10月4日、ソフトバンクが提供する農業AIブレーン「e-kakashi」のゲートウェイに、TEDが開発した独立駆動で、機器の稼働状態の見える化を実現した環境センシングソリューション「TED Portable IoT Gateway」の納入を開始した。

環境センシングソリューション イメージ図環境センシングソリューション イメージ図

環境センシングソリューション「TED Portable IoT Gateway」は、外部電源接続なしに携帯電話通信網との接続が可能な、完全独立駆動を採用。また、ソーラーパネルを搭載しており、充電池に蓄電しながら動作する。

必要な対応センサーを接続した後は、電源ボタン1回の長押しだけで簡単に設定できる。同機は、センサーデータの収集に必要な機能を厳選し、ゲートウェイ装置の小型化と低消費電力を実現し、農業に必要なセンサーを最大4つまで同時接続できる。収集したセンサーデータは、Azureポータルを経由してe-kakashiのクラウドサーバに送信され、e-kakashiでの様々な付加価値サービスへの展開を可能にする。

Azureポータルは、センサーデータの転送と保存に加え、リモートコマンド機能により、各ゲートウェイの設定やファームウェアのアップデートを実行できる。万が一、電波障害などでゲートウェイからのデータ収集が滞った場合も、Azureポータルからゲートウェイに必要なデータ送信を促す操作を、クラウド上で実行できる点が最大のメリット。

同機は、電源接続なく広大な農地での利用や人が作業できない場所などでも、快適な通信接続を可能にするだけでなく、暗号化されセキュアかつ低消費な無線通信によるセンサーデータの収集と、位置情報や機器の稼働状態の見える化を実現している。

今後、TEDはゲートウェイ装置に接続可能な対応センサーのラインアップを増やす予定。同機の汎用性の高さを生かし、一次産業以外にも幅広い用途でAzureポータルを経由してクラウドサービス事業者様に導入されることをめざす。

最新の記事

シンジェンタライブラリー211112:SP

JA人事

DiSC:SP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る