Z-GIS左PC
JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMC(SP)トップバナー
ベリマークSC:FMC(PC)センター
ベリマークSC:FMC(SP)センター

中古農機具の販路拡大へ 鳥取港内航コンテナ試験輸送に参加 MEトレーディング2021年10月14日

一覧へ

株式会社MEトレーディング(鳥取県鳥取市)は、鳥取県が実施する「鳥取港内航コンテナ試験輸送」に参加。同社がこの試験輸送に参加するのは2度目で、オランダ・ベトナム・チェコ・タイに向けた5本のコンテナの出荷を予定している。

鳥取県は、鳥取港でのコンテナ貨物の取り扱い可能性を探るため、鳥取港内航コンテナ試験輸送を実施。鳥取港から博多港に途中寄港し、積替えの後、仕向け地へ試験的輸送と今後の本格展開に向けた検証を行う。この試験輸送に、中古農機貿易商社として鳥取県から参画要請を受けた同社は、鳥取港を始点に博多港を経由し、オランダ・ベトナム・チェコ・タイの4か国へ5本のコンテナで中古農機具を10月16日に出荷する。

博多港は、中国や韓国、台湾などへの輸出が多く、全体の相手国の半数以上をアジア地域が占める。同社は現在、神戸港を利用したヨーロッパへの輸出を多く手がけているが、鳥取から神戸までの陸送に時間を要するため、1日に出荷できるコンテナ数に制限が生じていた。試験的輸送により、鳥取港から博多港経由のコンテナ貨物輸出が実現すると、CO2排出量を削減しながら出荷できるコンテナ数を増やし、アジアへの販路拡大が可能となる。

今後は、同社グループの中古農機具事業の西日本中核拠点として、ヨーロッパ向けとアジア向けに安定的に輸出拡大を図る。また、災害時に交通が機能不全に陥った際の予備手段の確保にもつながる。

最新の記事

シンジェンタライブラリー210908:SP

JA人事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る