BASFヘッドPS:バスタ液剤210125
FMCセンターPC:ベネビア®OD
プリロッソ粒剤オメガ:FMC(SP)センター

クラウド型ドローン測量サービス「KUMIKI」大型アップデート スカイマティクス2022年1月12日

一覧へ

スカイマティクスは1月11日、クラウド型ドローン測量サービス「KUMIKI(くみき)」の大型アップデートを行い、新機能の提供を開始。これを記念して新しく生まれ変わった「くみき」がより導入しやすくなるキャンペーンを3月31日まで実施している。

クラウド型ドローン測量サービス「KUMIKI」大型アップデート スカイマティクス

2017年12月にリリースされた「くみき」は、ユーザーからの要望を取り入れ、さらなるユーザビリティの向上と市場全体のDXの推進を目指し、新機能を追加実装して大きく生まれ変わった。これまでの「くみき」は"クラウド型ドローン測量サービス"として、ドローン画像から3D点群データやオルソ画像などの地形データを自動的に生成。クラウド上で体積や面積、高さなど各種計測するサービスの提供により、計測・測量業務の内製化に貢献してきた。

新機能の追加により、これまで提供してきた地形データの生成や計測の実施・記録だけでなく、スマートフォンやドローンで撮影された写真や動画などのデジタルコンテンツを地図・オルソ上に保存・共有ができる「コンテンツ管理機能」の提供を開始する。

両機能が融合することで、現場の「地図」自体をデータ管理のための図面とし、これまでバラバラに管理されていたドローン測量データと写真・動画データの一括管理が可能。誰でも、いつでも、迷わずにデータを確認・管理することができる。

大型アップデートに伴う新機能追加キャンペーンでは、1月11日〜3月31日までの期間中、「スタンダードプラン」と「ビジネスプラン」への新規申し込みで、上位プランに1年間無料でアップグレードされ、実質50%オフとなる。また、「エントリープラン」への新規申し込みでは、1か月間ファイルアップロード数上限を500から1000に拡張するアップロード容量倍増を実施する。

【「KUMIKI」公式製品サイト】

最新の記事

シンジェンタミネクトブラスター:SP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る