協友アグリヘッドSP:FG剤
FMCセンターPC:ベネビア®OD
JA全中中央SP

コンパクトな45cm幅 オリジナル耕うん機「KALTIVA」に新2機種発売 コメリ2022年1月14日

一覧へ

ホームセンターを展開し地元のプロを応援する株式会社コメリは1月14日、オリジナル耕うん機「KALTIVA(カルティバ)」シリーズから、新たに耕うん幅45cmタイプのE45とL45を「コメリパワー」「コメリハード&グリーン」、オンラインショッピングサイト「コメリドットコム」で販売する。

コンパクトな45cm幅 オリジナル耕うん機「KALTIVA」に新2機種発売 コメリ

春に農地を耕うんすることで、硬くなった土が柔らかくなり、土の中に空気や肥料が混ぜ込まれ、作物が快適に育つ土ができあがる。この「耕うん」作業に必要不可欠な耕うん機は、比較的高価だが、同社は家庭菜園や小規模な農家に向けて2021年9月に耕うん機シリーズ「KALTIVA」を発売。新商品は、同シリーズから耕うん幅45cmのよりコンパクトな「KALTIVA AC電気耕うん機 E45」と「KALTIVA 2サイクル小型耕うん機 L45」を発売する。

KALTIVA AC電気式耕うん機 E45(左)、KALTIVA 2サイクル小型耕うん機 L45KALTIVA AC電気式耕うん機 E45(左)、KALTIVA 2サイクル小型耕うん機 L45

「KALTIVA AC電気耕うん機 E45」は、同シリーズ初のAC電源タイプで、エンジン式に比べて低騒音で気軽に使え、面倒な準備は不要。コンセントにつなぐだけですぐに使用できる。電源コードの巻き込み防止用の肩掛けベルトが付属。電気式で燃料やオイルを使わないため、排気ガスを出さず環境にも優しい耕うん機となっている。3万9800円(税込)。

一方、「KALTIVA 2サイクル小型耕うん機 L45」は、混合ガソリンを燃料として使う2サイクルエンジンの耕うん機。4サイクルエンジンと比べて小型・軽量でライトな使用感だが、耕うん力は本格派。ダンパースプリング付きのリコイルスターターを採用し、エンジンがスムーズに始動する。4万9800円(税込)。

最新の記事

シンジェンタミネクトブラスター:SP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る