おきなわ50年バナーPC
バイデン農政と中間選挙
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_JAまるごと相談室
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
石原バイオサイエンスヘッドSP:ネマトリンエース
JA全中中央①PC
プリロッソ粒剤オメガ:FMC(SP)センター

"雪ミク"コラボペチュニア第3弾「MEIKOペチュ」発売 横浜植木2022年4月27日

一覧へ

横浜植木は5月13日、バーチャル・シンガー・ソフトゥエアの「MEIKO」とコラボレーションしたオリジナル品種、赤いペチュニアの「MEIKOペチュ」を、全国の園芸店・ホームセンターと園芸ネット通販で発売する。

書き下ろしのキャラクターポット・ラベル書き下ろしのキャラクターポット・ラベル

「MEIKOペチュ」は、2020年に発売した園芸業界初コラボ商品「雪ミクペチュ スノーブルー」、2021年発売の第二弾「鏡音ペチュ レモネード」に続く第三弾で、3商品あわせて「ピアプロフラワーズシリーズ」として販売する。

「MEIKO」は、栗色のショートボブと赤いショート丈のトップスとミニスカートが特徴の女性バーチャル・シンガー。このキャラクターを展開するクリプトン・フューチャー・メディアは、2004年11月5日に発売した「世界初日本語対応バーチャル・シンガー・ソフトウェア」の商品パッケージにキャラクターとしてMEIKOを起用し、パッケージにキャラクターを起用する試みも世界で初めてだった。

情熱的なMEIKOのイメージによく合う大人びた深みのあるワインレッドのペチュニア。花色は花の中心に向かいビロード感のある濃い赤に変化する。1株から咲く花の数が多い"花上り"が早く、次々に咲き上がる様子は数々の名曲を歌い重ねるMEIKOをイメージさせる。「MEIKOペチュ」は、人気イラストレーターの堀泉インコさんが書き下ろしたキャラクターポット・ラベルと共に店頭に並ぶ。

赤いペチュニアのコラボ商品「MEIKOペチュ」

メインターゲットは、「初音ミク」をはじめとするピアプロキャラクターファンとなるが、横浜植木は「普段からガーデニングを楽しまれている園芸ファンの方々にも納得いただける商品と確信している。『MEIKOペチュ』と『ピアプロ・フラワーズシリーズ』を通して、たくさんの方々に、花を愛で育てる喜びを知っていただけたら」している。

最新の記事

コルテバ・リンズコア右上長方形:SP

みどり戦略

おきなわ50年バナーSP

注目のテーマ

注目のテーマ

JA人事

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る