2022夏季特集:PC
バイデン農政と中間選挙
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_JAまるごと相談室
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCトップSP:育苗箱混合剤
FMCセンターPC:ベネビア®OD
JA全中中央SP

連結売上高は前期比17億200万円減 2022年12月期第1四半期決算短信 井関農機2022年5月19日

一覧へ

井関農機株式会社は5月13日、2022年12月期第1四半期決算短信(2022年1月1日~3月31日)を発表した。

同社グループの当第1四半期連結累計期間の売上高は、前年同期比で17億200万円減少し、387億9200万円(前年同期比で4.2%減)となった。

国内では、前年同期にあった経営継続補助金などに伴う需要喚起の反動や米価下落による購買意欲減退などにより、農機製品および作業機が減少となった。補修用部品および修理整備等のメンテナンス収入は、農機製品の売上が低迷する中でも前年同期を維持したが、国内売上高全体で前年同期比で55億5300万円減少の227億2400万円(前年同期比で19.6%減)となった。海外では全地域で増収となり、北米では好調なコンパクトトラクタ市場を背景に増加、欧州ではコンシューマー向けを中心に販売が伸び、プロ向け販売も増加した。アジアでは韓国での排出ガス規制前の出荷増もあり、海外売上高は前年同期比で38億5100万円増加の160億6800万円(前年同期比で31.5%増)となった。

商品別売上状況について、国内では整地用機械(トラクタ、耕うん機等)は58億4200万円(前年同期比11.5%減)、栽培用機械(田植機、野菜移植機)は16億8900万円(前年同期比34.5%減)、収穫調製用機械(コンバイン等)は20億9100万円(前年同期比13.7%減)、作業機・補修用部品・修理収入は81億5700万円(前年同期比20.1%減)、その他農業関連(施設工事等)は49億4300万円(前年同期比23.5%減)となった。海外では整地用機械(トラクタ、芝刈機等)は116億2100万円(前年同期比21.9%増)、栽培用機械(田植機等)は11億5000万円(前年同期比3.1%増)、収穫調製用機械(コンバイン等)は10億4500万円(前年同期比4398.1%増)、作業機・補修用部品は10億3800万円(前年同期比12.8%増)その他農業関連は12億1200万円(前年同期比93.7%増)となった。

最新の記事

シンジェンタ右上長方形:SP

みどり戦略

住友化学住友化学右正方形2SP

注目のテーマ

注目のテーマ

JA人事

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る