おきなわ50年バナーPC
バイデン農政と中間選挙
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_JAまるごと相談室
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:ナリアWDG
JA全中中央①PC
プリロッソ粒剤オメガ:FMC(SP)センター

配合飼料の市場規模 2027年に6412億米ドル到達予測2022年6月24日

一覧へ

グローバルインフォメーションは6月22日、市場調査レポート「配合飼料の世界市場:成分別 (穀類、粕類、副産物、サプリメント)・形状別 (マッシュ、ペレット、クランブル)・家畜別 (反芻動物、家禽、豚、養殖魚)・原料別 (植物ベース、動物ベース)・地域別の将来予測 (2027年まで)」(MarketsandMarkets)の販売を開始した。

配合飼料の市場規模 2027年に6412億米ドル到達予測

同レポートによると、配合飼料の市場規模は、2022年の5213億米ドルから年平均成長率(CAGR)4.2%で成長し、2027年には6412億米ドルに達すると予測。配合飼料は、サプライチェーン全体において飼料と食品の安全性を確保する上で重要な役割を担っており、肉や乳製品の需要の大幅な増加により、家畜の飼育や畜産が盛んに行われている。また、動物の発育のために適切な栄養の必要性も高まっており、家畜のための配合飼料の需要を促進。さらに、国内外の食品・外食チェーンの成長、発展途上国における組織化された畜産部門の成長、精密栄養技術に対する意識の高まりなどが、配合飼料の消費量増加につながっている。

牽引要因:家畜飼育のための近代的な技術の採用

家畜の飼育は、農地と良好な環境の維持が必要であるため、高価格となる。農地が減少している一方で、農場あたりの動物数は増えている。一方、テクノロジーとツールによって畜産は容易になり、商業面でも農家に市場機会を提供。従来、飼料は家畜用に特別に設計されたものではなく、家畜の成長は商業的な要求通りにはいかなかった。家畜管理の産業化が進むにつれて、農家は最新の給餌方法と収益性を高めるために有益な方を選択するようになっている。

抑制要因:配合飼料の原料価格の変動

種子や植物の葉などの原材料の価格には変動が見られ、その抽出方法も生産者にとっては高コストになっている。また、トウモロコシ、大麦、オーツ麦などの穀物のコストは上昇。世界的な人口増加とそれに伴う食料需要の増加により、業界はトウモロコシ、小麦、大麦などの原料飼料の調達に厳しい状況に直面している。

市場機会:新興国における集約的畜産の発展

発展途上国における家畜の生産性の低さは、若い家畜の不適切な給餌に反映されており、これは不十分な給餌管理に起因している。 政府の政策と経済戦略では、農家に対し、追加の輸入飼料を使った半集約的システムへの移行を奨励。これは、集約的畜産が新興国で活況を呈している要因となっており、飼料メーカーが新興国市場で成長する機会となる。

最新の記事

コルテバ・リンズコア右上長方形:SP

みどり戦略

住友化学住友化学右正方形2SP

注目のテーマ

注目のテーマ

JA人事

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る