秋特集:国生国産PC
バイデン農政と中間選挙
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_JAまるごと相談室
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
ヘッダー:FMC221007SP
FMCセンターPC:ベネビア®OD
プリロッソ粒剤オメガ:FMC(SP)センター

福岡県久山町、九州大学都市研究センターと包括連携協定締結 スカイマティクス2022年9月20日

一覧へ

スカイマティクスは9月15日、福岡県久山町、九州大学都市研究センターと、「デジタル技術を活用したまちづくりに関する包括連携協定」を締結したことを発表した。

包括連携協定ではスカイマティクスが提供するドローン測量・現地管理 DX クラウドサービス「くみき(KUMIKI)」や、 施設・ 設備情報管理システム「くみきスコープ(KUMIKI Scope)」、スマート農業ソリューション「いろは(IROHA)」などを活用し、事業の有効性を検証する。

「くみき(KUMIKI)」は、は、ドローン画像をアップロードするだけでオルソ画像や3D点群など地形データを自動で生成でき、建設・砕石・産廃・農業業界など、人手不足の解消や技能・知見の伝承に活用できる。また、「くみきスコープ」は、施設・設備情報をスマートで率的に管理できるシステム。広範囲におよぶ施設や設備に関する画像、テキスト、ファイ ルなどの情報をドローン画像と360度カメラ画像からパノラマ上で視覚化でき、現地に行かずに屋内外の全てを確認できる。

一方、スマート農業ソリューション「いろは」は、ドローンで撮影した画像から農地内に生じた微妙な高低差を可視化できる。田面が平らであることが特に重要な水稲耕培においては、田植え前に農地の均平化作業が実施されている。

最新の記事

シンジェンタポータルフェーズ:右上長方形SP

みどり戦略

住友化学住友化学右正方形2SP

注目のテーマ

注目のテーマ

JA人事

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る