第43回農協人文化賞:PC
バイデン農政と中間選挙
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_JAまるごと相談室
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
石原バイオヘッドSP:ネマトリンエース
FMCプレバソンPC
JA全中中央SP

「冬至の七草」食べると良い「ん」が付く食材で運気上昇 タキイ種苗2022年11月22日

一覧へ

12月22日は一年で最も夜が長くなる「冬至」の日。タキイ種苗は冬至の日に食べると、"福が来る""運気が上がる"と言われる「冬至の七草」を紹介している。

「冬至の七草」食べると良い「ん」が付く食材で運気上昇 タキイ種苗

冬至の日にカボチャを食べると「風邪を引かない」「福がくる」と言われている。ビタミンやカロテン、カルシウムや鉄分などが豊富で栄養価が高く、長く保存できるカボチャは昔から重宝されてきた。カボチャは夏が旬の野菜だが、昔の人は太陽の恵みをたっぷり受けて完熟したカボチャを冬至まで保存し、緑黄色野菜の少ない冬場に備えていたという。

冬至に食べると良い食材は他にもある。それは、有名な「春の七草」の一方であまり知られていないが、カボチャ(なんきん)など「ん」が2つ付く食材を指す「冬至の七草(七種)」。「なんきん」のほか、れんこん、ぎんなん、にんじん、きんかん、かんてん、うんどん(うどん)の7つ。これらを冬至に食べると"運気(ん)が上がる""たくさんの運(ん)が呼び込める"と言われている。今年の冬至は「冬至の七草」を食べて、さらに、柚子を浮かべたお風呂に入って体をしっかり温め、寒い冬を元気に乗り切れば、来年の運気も上昇するかも!?

最新の記事

シンジェンタポータルフェーズ:右上長方形SP

みどり戦略

DiSC:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

住友化学右正方形SP:2023

JA人事

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る