人事2024 左バナー 
JA全農人事情報
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
240401・ニッソーグリーン マスタピース水和剤SP
JA全中中央①PC
FMCセンターSP:ベネビア®OD

憧れ、敬慕が花言葉「父の日」のお祝いは「黄色いひまわり」で タキイ種苗2023年6月8日

一覧へ

タキイ種苗は、6月18日の「父の日」に向けて、日本で父の日のシンボルカラーが黄色である理由や、お父さんへのプレゼントにおすすめの"黄色いひまわり"について紹介している。

父の日の習慣は世界で広く見られるが、発祥はアメリカで。多くの国がアメリカ、日本と同じく父の日を6月の第3日曜日としている。

「父の日」の発祥

アメリカでは1908年に「母の日」が始まり、それを知ったワシントン州に住むジョン・ブルース・ドット夫人が、翌年の1909年に父親に感謝を捧げる日が欲しいと牧師教会へ訴えたことを機に、2010年6月19日に同州のスポーケンで最初の祝典を行ったことが始まり。

憧れ、敬慕が花言葉「父の日」のお祝いは「黄色いひまわり」で タキイ種苗

ドット夫人は6人兄妹の末っ子で、母は軍人だった夫ウィリアムの復員後、間もなく亡くなってしまう。その後、男手ひとつで父に育てられたドット夫人の「父親を尊敬し、称えたい」という強い想いが支持を集め、1924年にカルビン・クーリッジ大統領(第30代)が、アメリカ国内の「父の日」を正式に承認する法案に署名。これにより、アメリカで父の日が公式に祝われることになった。

「黄色」で祝うのは日本オリジナル

アメリカでは存命のお父さんには赤いバラ、故人には白いバラをあげる習慣がある。日本では、「FDC 日本ファーザーズ・デイ委員会」がシンボルカラーとして「幸せ」や「富」「希望」「尊敬」「愛する人の無事を願う」という意味の黄色を選び、1982年に「父の日黄色いリボンキャンペーン」を提唱。黄色のリボンを掛けてプレゼントを贈り、黄色いバラを贈るのが定番となっている。

タキイ種苗では、「憧れ」「敬慕」という花言葉のひまわりが、「お父さん」のイメージにも合うことから、花束やフラワーアレンジメントに黄色いひまわりをすすめている。

ひまわりといえば、1980年代まで花壇での栽培がほとんどで、花束やアレンジメントではほとんどなく、子供にとっては、見上げるほど高く育つ品種ばかりだった。タキイ種苗独自品種の「サンリッチひまわり」は、「逆に小さい子どもが目の高さで楽しめるようなひまわりがあればおもしろいんじゃないか」という開発者の父親目線で1991年に誕生。今では日本だけでなく、ヨーロッパの切花需要を支えるオランダの花き市場でも大きなシェアを持つ人気品種となっている。「サンリッチひまわり」は花粉が出ないことが特長で、衣類やテーブルが汚れることなく、きれいに楽しめる。

重要な記事

240401・シンジェンタ粒粒マイスター:右上長方形SP

最新の記事

DiSC:SP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る