人事2024 左バナー 
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
240401・ニッソーグリーン マスタピース水和剤SP
JA全中中央①PC
日本曹達 231012 SP

南種子町、有限会社かごしま有機生産組合とスマート技術を活用した環境にやさしい農業に関する連携協定の締結 井関農機2023年12月25日

一覧へ

井関農機株式会社は、12月20日、南種子町及び有限会社かごしま有機生産組合と美しい景観を支え、持続的で魅力あるまちづくりを目指し連携協定を締結した。

南種子町、有限会社かごしま有機生産組合とスマート技術を活用した環境にやさしい農業に関する連携協定の締結 井関農機連携協定締結式の様子
左から井関農機株式会社 営業本部長 縄田幸夫、南種子町長 小園裕康、
有限会社かごしま有機生産組合 代表 有馬亮(敬称略)

同協定は、農作業の省力化、安全性向上、化学農薬・化学肥料の使用量低減などの様々な効果が期待されるスマート技術を活用し、有機農業をはじめとする環境にやさしい農業、環境保全及び環境負荷低減に取り組み、生産力の強化と持続性の両立を確立し、美しい景観を支え、持続的で魅力のあるまちづくりを目指すことを目的としている。

連携事項は①省力化と持続性を両立する環境にやさしい生産技術の確立と普及②環境にやさしい農業を実践する人材及び経営体の育成③南種子町が行っている他の取組及び地域住民等との連携④広報及び情報発信等となっている。

重要な記事

240401・シンジェンタ粒粒マイスター:右上長方形SP

最新の記事

DiSC:SP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る