人事2024 左バナー 
JA全農人事情報
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
ヘッダー:FMC221007SP
FMCセンターPC:ベネビア®OD
FMCプレバソンSP

初の肥料散布事業に参入 インドネシアのパーム油生産大手SMART Tbkと契約合意 テラドローン2024年3月22日

一覧へ

テラドローンは3月21日、インドネシアに拠点を置く子会社Terra Drone Indonesia(テラドローン・インドネシア)が、新規事業として肥料散布事業に参入することを発表。また、テラドローン・インドネシアは、インドネシア最大級のコングロマリットで持続可能なパーム油生産大手 Sinar Masのグループ会社であるSMART Tbk(スマート)と、肥料散布事業の新プロジェクトに関する契約(以下 本プロジェクト)に合意した。

初の肥料散布事業に参入 インドネシアのパーム油生産大手SMART Tbkと契約合意 テラドローン

同プロジェクトは、テラドローン・インドネシアが2023年9月21日に事業買収して開始した農業サービス「Terra Agri(テラ・アグリ)」の一環として、パーム油農園の管理における肥料プロセスのデジタル化と最適化を目指すもの。持続可能で効率的な農業の実現に向けた重要な一歩となる。

世界におけるパーム油生産の約60%のシェアを持つインドネシアで実施される同プロジェクトは、テラドローン・インドネシアと、国内最大級のパーム油のプランテーションを保有しているSinar Masのグループ会社であるスマートが行うもの。同プロジェクトでは、カリマンタン島からバンカ島、ブリトゥン島にまたがる6万ヘクタール以上のパーム油農園で、1年間にわたり肥料散布を実施し、精度の向上を目標としている。

パーム油農園の管理における課題のひとつは、人為的ミスによる肥料の不均一な散布。この課題を解決するため、同プロジェクトで使用するドローンは、50キログラムの可搬重量を備えているほか、マッピング機能も兼ね備えている。農地の画像をリアルタイムで取得することで、植生密度や地形、生育状況などが把握できる。この機能により、個々の樹木に正確な量の肥料を供給することが可能になり、農園のすべての区画において、効率的に樹木全体に均等に肥料が行き渡るようになる。肥料散布プロセスにおけるムラをなくすことで、業務効率を大幅に向上させながら、環境への影響を軽減する。

今後、テラドローン・インドネシアとスマートは、肥料散布プロセスの精度と監視の向上に取り組むことで、パーム油農園事業における肥料散布の新しい基準を確立。農業における技術主導型のソリューションを提供していくことを目指す。また、テラドローンは、農業におけるイノベーションと持続可能性への取り組みを続け、インドネシアの農業をサポートしていく。

重要な記事

ヤンマーSP

最新の記事

DiSC:SP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る