人事2024 左バナー 
JA全農人事情報
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
ヘッダー:FMC221007SP
JA全中中央①PC
FMCプレバソンSP

野菜栽培の猛暑対策 JA東京むさしで「スキーポン勉強会」開催 アクプランタ2024年6月25日

一覧へ

アクプランタは、野菜栽培の猛暑対策の一環で、バイオスティミュラント資材「スキーポン(Skeepon)」の出張勉強会を各地で開催。猛暑が予想され、高温時の栽培が始まるなか、農業関係機関や農家からの勉強会の依頼を受け付けている。

バイオスティミュラント製剤「スキーポン」バイオスティミュラント製剤「スキーポン」

バイオスティミュラントは、「生物」(バイオ)と「stimulant」(刺激剤)を組み合わせた呼称で、農薬、肥料、土壌改良資材など、従来の農業対策に次ぐ技術。植物が本来持つ作用を刺激することで、気候や土壌からのストレスやダメージへの耐性を高める。「スキーポン」は、酢酸(酢の主成分)の作用を活用したバイオスティミュラントで、酢酸の作用により植物の乾燥や高温への耐性を高めることで、収量や品質の維持や節水に繋げることができる。

同社は6月12日、JA東京むさし本店(東京都小金井市)で、管轄内の農家の指導員が集まる会議で、スキーポンについて説明。同JA農業支援課の担当者は、猛暑で農作物の高温障害が広がった昨夏を教訓に、高温障害対策として、スキーポンを管轄内の農家に紹介するため勉強会を開催した。勉強会では、野菜だけでなく植木への使用の可否や、植物別の効果的なスキーポンの施用タイミングなど、具体的な質問があった。今後は管轄内の農家と協力し、スキーポンを野菜栽培に試用。どの程度、生育や収量などで効果がみられるか調査を予定している。

JA東京むさし本店で行われた勉強会JA東京むさし本店で行われた勉強会

2023年の夏以降、高温障害で悩む農家や農業機関から同社に、スキーポンを説明してほしいという声が増えていることから、同社は、葉菜類などの高温・乾燥対策として、スキーポンを使ってみたい、知りたいという農協や農業関係者からの依頼に答えるため、各地で出張勉強会を実施する。

出張勉強会に関する問い合わせ・相談は、アクプランタ国内事業担当 笹原氏(メール)info@ac-planta.comへ連絡を。

重要な記事

ヤンマーSP

最新の記事

DiSC:SP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る