人事2024 左バナー 
JA全農人事情報
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
ヘッダー:FMC221007SP
FMCセンターPC:ベネビア®OD
JA全中中央SP

温室栽培の誘引ひも向け生分解性ポリマー開発 BASF2024年7月1日

一覧へ

BASFは、工業用堆肥化が可能な生分解性ポリマー「ecovio®T 2206 」を、温室で一年草の果物や野菜を栽培する際の誘引ひもの製造に使用できるようにした。

温室栽培の誘引ひも向け生分解性ポリマー開発 BASF

「ecovio® T2206」は、EN13432 に基づき、工業用堆肥化可能(生分解性)であることが認証されており、ひもを収穫後の植物の残渣(ざんさ)と共に収集し、地域の規制に応じて工業用堆肥施設で生分解処理することができる。こうした処理方法により、有機廃棄物中に混入して残り続けるマイクロプラスチックの削減に加えて、より多くの有機廃棄物を堆肥に変えて有効活用することができる。

「ecovio®」は、有機リサイクルを促進し、循環型経済を実現。「ecovio® T2206」で作られたひもは、ヨーロッパ、南アメリカ、アジア、カナダなどのさまざまな気候の温室で、トマトやキュウリなどのつる性植物を上方に成長させるのに役立つ。

テストでは、作物サイクルの終わりまでひもの優れた性能を確認。収穫後、農家はひもを植物から切り離す労力をかけずに、簡単に収集して堆肥化できる。「ecovio® T2206」は、標準的なポリプロピレン(PP)機械でひもを製造することができる。

重要な記事

ナガセサンバイオ右上長方形SP 20230619

最新の記事

DiSC:SP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る