左カラム_農協協会90周年_400px
Z-GIS左PC
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_シリーズ_全中動静
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

生産資材:年頭あいさつ2020(農機・資材)

雜賀 慶二 氏 (東洋ライス株式会社代表取締役社長)2020年1月3日

一覧へ

積極的に「食の循環型」に取り組んでいく


雜賀 慶二 氏(東洋ライス株式会社 代表取締役社長) 謹んで新年のお慶びを申し上げます。

 さて、昨年弊社は、弊社が長年に亘り取り組んできたSDGs(持続可能な開発目標)への貢献活動に関する報告を、日本企業として初めて招聘され国連欧州本部において発表致しました。ご存知の通り、弊社はコメに関する新技術を次々と開発し、約30年前より環境問題の解決、約15年前より健康問題の解決、4年前よりコメの価値を向上させる世界最高米事業による農業活性策を実施するなど、SDGs制定前より幅広く社会貢献活動を実施し、その活動は、今やSDGsが掲げる17の目標の内、実に14の目標に及んでおり、長年に亘るこれらの取り組みが世界的に評価されました。
 更に、これらの幅広い貢献活動のなかでも特筆すべき点は「BG無洗米で循環型農業を実現できる」ことです。前述の発表時には、参加者から「食に循環型があるとは知らなかった。」との意見もあり、環境政策が進む世界各国においても、循環型を実現することは大変価値のあることと評価をいただいております。この循環型を実現する鍵となるのが、BG無洗米加工時に産出される「米の精」という有機質資材です。コメのとぎ汁の基となる「肌ヌカ」を再生して出来る「米の精」は、土に戻すと「チッソ」、「リン」、「カリ」、「マグネシウム」といった豊富な栄養成分を基に、土中の微生物が爆発的に増え、その結果肥沃な土壌となって農作物の発育を促し、おいしい農作物が収穫できるようになります。更に、最新の研究により、「米の精」を施肥した土壌には土壌菌が多く産出され、そこで栽培した玄米は「酵素活性が強いコメ」が産出されることが判りました。環境だけでなく、健康にも一層寄与できるこれらのコメにより、あらゆる病人を減らし、ひいては我が国の医療費削減を目指すべく、昨年11月に開催した「第21回 米・食味分析鑑定コンクール:国際大会」にて「米の精栽培部門」を創設するなど、本年は新たなコメ市場創造に注力してまいります。
 今後は、これらの活動が世界から重要視されると共に、さらに大きな役割を果たすとの認識を新たにし、積極的に取り組んで参る所存です。本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

最新の記事

ナガセサンバイオSP

JA人事

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

ニューロング:SP

特集

解説・提言

topへ戻る