金融・共済 ニュース詳細

2017.02.01 
2/4は「世界がんデー」 JA共済連が国立がん研究センターと連携協定 情報提供へ一覧へ

 JA共済連は平成28年12月21日に国立研究開発法人 国立がん研究センターとがんに関する情報提供の包括的連携協定を締結した。2月4日の「世界がんデー」あわせ、JA共済連ではチラシなどを作り、がんに関する情報を提供する。

2/4は「世界がんデー」 JA共済連が国立がん研究センターと連携協定 情報提供へ 生涯を通してがんになる確率は男性で約63%、女性で約47%。国民の2人に1人が罹患し死亡する原因の第1位となっている。
 これをふまえ、JA共済連では農家・組合員や地域の人々に向けて、国立がん研究センターのもつ情報を積極的に発信する。がんの正しい知識とがん予防による健康寿命の延伸、さらにがん患者とその家族の不安軽減や生活の質向上などの支援を行い、農業振興や地域振興につなげる。
 世界でがんの啓発行事が行われる2月4日の「世界がんデー」にあわせ、チラシなどを作成し、JA窓口やLA(ライフアドバイザー)を通じて情報提供していく。
 国立がん研究センターは1962年に設立。日本のがん医療と研究の拠点となるナショナルセンターで「社会と協働し、全ての国民に、最適ながん医療を提供する」ことを理念に活動している。
(写真)チラシ一例 PDFはこちらから

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ