栽培技術 ニュース詳細

2017.12.21 
1位はスマホで田んぼの水管理-農業技術10大ニュース一覧へ

 農林水産省は12月20日、「2017年農業技術10大ニュース」を公表した。1位はICTによる水田の自動給排水栓の開発が選ばれた。

 農業技術10大ニュースは、1年間に新聞記事となった民間、大学、公立試験研究機関、国立研究開発法人の研究成果から農業専門紙・誌などの投票で選定している。
 第1位は農研機構が開発したICTによる田んぼの水管理。
 日本で初めてスマホやパソコンでモニタリングしながら遠隔操作したり、自動で給水、排水を制御できるシステムを開発した。農研機構の実証ほ場では水管理にかかる労働時間を約80%削減したほか、出穂期から収穫までの用水量を約50%削減した。水管理労力の大幅な削減で大規模農家のさらなる規模拡大や余剰労働力を活かした6次産業化への取り組みに貢献することで農家の所得向上が期待される。
 2位以下は▽自動運転田植機の開発、▽イネいもち病菌の感染の要となる遺伝子を発見、▽ウエブで使える全国デジタル土壌図を公開、▽米粉100%パンの製造技術を開発、▽受粉しなくても実がなるトマトをゲノム編集で開発、▽作業精度が高く高能率な軟弱野菜(ホウレンソウ)調整機を開発、▽キクに青い花色を付与する技術開発、▽水田防除用ラジコンボートのロボット化、▽青切りタマネギの新省力収穫・調製体系を開発。「2017年農業技術10大ニュース」の選定について:農林水産技術会議(=外部リンク)で紹介する予定。

2017年農業技術10大ニュース

 

(関連記事)
台湾の農業・農業技術を世界に発信 第2回台湾国際農業週始まる(17.11.10)
【第3回JA営農・経済フォーラム】自己改革の「見える化」を(17.10.02)
省力化や新品種など36の研究紹介 「最新農業技術・品種2017」(17.05.17)
最新の農業技術と研究をサイト検索 農水省(17.04.12)
自由貿易で高い競争力【デンマーク】(17.02.22)

一覧はこちら


このページの先頭へ

このページの先頭へ