生産緑地特集
左カラム:全中動静160_86
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドPS:バスタ液剤210125
JA全中中央①PC
FMCセンターSP:ベネビア®OD

【コラム・目明き千人】ふわふわとした政治2013年6月26日

一覧へ

【原田 康】

 真剣に議論をしなければならない大切なことが、マスコミ受けのするキャッチコピーやスローガンを並べたふわふわとした雰囲気の中で決められている。

 TPP交渉への参加、安全の確認ができたとする原発の再稼働、景気最優先の株価と為替のマネーゲーム、1人当り国民総所得を10年で150万円増やす、農業・農村の所得を倍増、農産物・食料輸出を2012年の4500億円から1兆円へ倍増、6次産業化の規模を現在の1兆円から2020年に10兆円規模に、コメの生産費40%削減、きな臭い話ではオスプレイの追加受け入れ、カリフォルニア沖合での自衛隊のアメリカの海兵隊との合同上陸訓練、自衛隊の国防軍化、極め付きは「憲法96条の改正」と安倍のミックスがやっていること、これからやろうとしていることをザーッと並べてもこれだけある。マスコミに取り上げられ、テレビに映る目立ちがり屋であるところは安倍首相も大阪の橋本市長と同じ水準である。
 TPPにしてもオバマさんが聖域は尊重すると約束をしてくれたとしてアメリカから帰国をして真っ先に参加を表明した。歴代の政府は牛肉・オレンジの自由化交渉、ガット・ウルグアイランド、WTO等の交渉では自由化絶対反対は貫くとのタテマエを崩さないポーズを取りながら最後のところではアメリカの圧力に押し切られ、妥協の産物として農林予算を大幅に増額する、という手法を取ってきた。妥協の産物で農家の役にたたない予算の大幅増額が、結果として農産物の自由化をめぐる国民の理解が農家、農協への不信という世論をつくってきた。
 もうこのような手を使うのは限界であることがわかってもよいころだ。
 農業は地理、天候など自然条件に左右され、資本を投下して生産、販売をして結果が出るまで少なくても3~5年はかかる。6次産業化により付加価値部分を農家に、という発想は間違ってはいないが、第2・3次産業も国際競争の中で如何にコストを下げるかでしのぎを削っている。ファスト・フードがどうしてこんなに安く売れるのかに疑問を持てば、付加価値の部分が実際はマイナスとなっている分野があることもわかる。
 日本の首相が短期間にくるくる変わるのは国内はもとより、国際的にも信用が無くなりマイナスであることは承知をしているが、キャッチコピーのようなスローガンを並べてはハシャイデいる人の長期政権はもっと困る。

最新の記事

シンジェンタミネクトブラスター:SP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る