人事2024 左バナー 
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
240401・ニッソーグリーン マスタピース水和剤SP
FMCプレバソンPC
FMCセンターSP:ベネビア®OD

【コラム・目明き千人】安倍総理、ご苦労様でした。2014年7月16日

一覧へ

【原田 康】

 安倍晋三さん、もうここらで一休みしてください。
 おもな政策を挙げると、秘密保護法、武器輸出、集団的自衛権、日本版NSC、憲法改正の手続きから成長戦略の医療、労働時間、介護、子育て、年金基金の運用、経済特区、外国人受入れ、消費税、法人税、農業・農協、TPPなど大手スーパーの特売チラシも顔負けの大判振舞いである。

 なぜ、このように急ぐのか。戦後のゼロから70年かけて努力をして造り上げた日本の国を壊さないでもらいたい。アベノミクスという意味不明のキャッチフレーズは国民の幸福は経済成長、分かりやすく言えば「稼ぐ力・儲ける」ことにあるとして、指標をGDPと株価を上げることにおいている。規制緩和で兵器の輸出とカジノの誘致だ。
 世界各国の「幸福度」を国民の幸福に関するデータからランク付けをしている機関の日本の評価は、アメリカのミシガン大学の「世界幸福度ランキング」2008年では97ヶ国中第43位、イギリスのレスター大学の「世界幸福地図」2006年では178ヶ国中第90位である。
 どちらも第1位はデンマークである(「寺島実郎の時代認識と提言」寺島実郎事務所2014年初夏号P41)。北欧各国がいずれのランキングでも上位を占めている。GDP、経済成長だけではなく、各国の地理、歴史の中で「国民の幸福、国の豊かさ」とは何かを国民全体で考え、政治に反映をしている努力が現われている。
 アジアの各国では「世界幸福地図」の8位にブータン王国、17位にマレーシアでそれ以外の国は20位以内にはどの国も入らない。中味はそっちのけで、消費者に受けて売り上げが伸び利益が出れば“勝ち組”の競争社会ではこのようなランキングでは上位は無理だ。
 日本も目の色を変えて成長戦略に走るのもよいが、アジアの各国と仲良くして、このようなランキングにはアジアの各国がベストテンに入るような国造りを各国と一緒に努力をする方が、国民にとっては豊かさとは何かを考えそのような政治家を選挙で選ぶという国になるのではないか。政党と政治家をこのような尺度で見直すことが緊急の課題となった。

重要な記事

ヤンマーSP

最新の記事

DiSC:SP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る