人事2024 左バナー 
JA全農人事情報
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
ヘッダー:FMC221007SP
JA全中中央①PC
FMCセンターSP:ベネビア®OD

【地域の福祉にひとこと】ふつうに暮らす幸せ追求2016年2月15日

一覧へ

【金右衛門】

 日本の縮図が佐渡島であると聞かされてきた。人口は日本人口の2000分の1になる、高齢者人口に限定すると佐渡島は1400分の1になる。それだけ高齢者が多く住んでいる。日本平均の26.5%に対し、佐渡島は39.5%が65歳以上という。平成27年9月基本台帳では佐渡島の人口5万8千8百人のうち、2万3千2百人が高齢者住民の実数である。世帯割合は62.5%。全国平均42.6%に対してすこぶる高い。高齢者だけの世帯も49.6%、全国平均は24.2%である。

 80歳になっても田圃に出て農作業する、海に出て烏賊やさざえを取っている漁師もいる。高齢者が島で自立するには車の運転ができないと生きていけない。男性に元気老人の多いことが救い。GNP(G=元気で、N=長生き、P=ぴんぴんころり)と呼ぶらしい。しかし、福祉の面からみると、全国の水準を維持するには相当な努力が必要と市役所の高齢福祉課長は嘆く。「地域包括ケアシステム」佐渡版を推進中。要支援・介護認定者は5234人いる。全国平均なら4千人のはずだがそれを超える。国はおおむね30分以内に必要なサービスが提供される生活圏を想定しているが、島内は平野部、海辺、山間地帯があり、東京23区の1.4倍の面積が福祉の緊急サービスの遂行に困難が伴う。医療サービスでは、マンパワーの不足がある。若者は都会へ出てしまう。
 成人3人が一人の高齢者を背負う「騎馬戦型」が現状の日本の状態、佐渡は成人1人が高齢者一人を背負う「肩車型」に近い。年金、医療、介護行政の遂行には予算が常に不足。お金の代わりに地域ぐるみ協同で支えあう福祉の島が求められる。福祉とは「ふつうにくらすしあわせ」をいうそうだ。

重要な記事

日本曹達_ナブ乳剤_SP

最新の記事

DiSC:SP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る